若くて健康な人でも生活保護を受けることはできるのか。

皆さん、こんにちは。アベノミクスは道半ばなどといって、失敗をごまかしています。統計上は、有効求人倍率が上がったなどといっていますが、実際の庶民のくらしは、よくなっておらず、仕事も決して、楽ではなく、しかも給料はよくなっていません。よく、一般的に、若い人は、生活保護を受けられない。また、若くて健康な場合は、生活保護を受けることができないと思っている人もいるみたいです。しかし、それは、間違いです。実際は、どうなっているのでしょうか。

スポンサードリンク

生活保護を受けるのに年齢制限はない。

RAN151107330I9A8198_TP_Vまず、生活保護の法律をみていきましょう。生活保護法第2条をみてみましょう。

第2条 すべて国民は、この法律の定める要件を満たす限り、この法律による保護(以下「保護」という)を、無差別平等に受けることができる。

このように条文は、なっています。つまり、どこにも、生活保護を受けるには、何歳以上でないといけないということはありません。例えば、行政通知でも、そのような通知は、まったくありません。つまり、年齢がいくつであっても、生活保護を受けるのに、関係ないということです。よく、一般的に若いと生活保護を受けられず、すぐに働くしかないと勘違いしている人が多いようですが、そんなことはありません。お金がなければ、生活保護を受けることができます。

ただ、実際には、若い人が市役所に生活保護の相談に行くと、まだ、若いんだから、仕事があるでしょとか、ハローワークへは、どのくらいいっているのかなど、何とか、生活保護を受けさせないようにする傾向があります。最近は、かなり、このようなことは、水際作戦ということで、厚生労働省の行政通知で、禁じられていますが、実態は、あまり、変わっていないようです。

しかし、実際にお金がなければ、いくら若くて健康であっても、いきなり仕事はきまりません。下手をすれば、冗談抜きで、餓死してしまいます。そのため、生活保護の申請は、年齢に関係なく、必要書類がなくても、お金がなければ、生活保護の申請はできます。ただ、決定するまで、本来は、2週間なのですが、実際は、約3週間はかかります。その間は、お金がない場合、社会福祉協議会というところで、借りることができます。

若い人で、生活に困っている人は、生活保護の申請をしましょう。

だから、年齢が若くても、お金がなければ、生活保護の申請はできますし、健康か健康でないかは関係ありません。よく、ここでも勘違いしている部分があります。若くても障害者とかでないと生活保護を受けられないと思っている人がいます。はっきりいって、そんなことは、ありません。例えば、年齢が20代で、健康だけど、仕事が決まらず、親族からの援助も得られず、手持ちのお金が少なくなった場合は、生活保護を受けることができます。だいたい、手持ちのお金は、1ヶ月の最低生活費の半分までは、持つことをみとめられますから、最低生活費の半分以下になったら、迷うことなく生活保護申請をしたほうがいいでしょう。

ただ、ここで、注意してほしいのは、生活保護のことで、市役所へ相談にいくと必ず、若いんだから、仕事があるでしょうみたいなことをいわれます。しかし、そんなことは、関係ありません。ようは、今、現在、お金があるか、きちんと収入がある仕事についているかということです。あと、必要書類を用意してから、きてくださいとかいう市役所の職員もいますが、これは、嘘です。書類なんて後で、用意すればよいのであって、生活保護の申請は、その場で、市役所は、受け付けなくてはなりません。気をつけてください。うまく、生活保護の申請を受け付けないように逃げる傾向がありますから、注意してください。

スポンサードリンク



市役所は、とにかく、生活保護の仕事で楽をしようとしています。

そもそも、市役所は、できるだけ、仕事をせずに、給料をもらおうという人が多い組織です。そして、生活保護の部署にくる人は、左遷的な異動でくる人が多いです。(特に高齢の人は) だから、若くて健康な人が生活保護の申請をしようとした場合、うまく、帰して、生活保護の相談にきたという形にしてごまかそうとします。生活保護の申請にくる人は、わらにもすがるつもりで来ているのに、そんなことは、全く、考慮してくれません。ですから、きちんと生活に困っていることを説明して、生活保護の申請意思を伝えてください。確かに、不安になってしまい、うまくいえないと思います。

そのような場合、生活保護の相談サポートを行っております。住んでいる市と電話番号を教えてくれれば、場合によっては、生活保護の同行申請をいたします。

まず、生活保護は、若くて健康だと受けられないという間違った認識を捨ててください。もちろん、生活保護を受けた後は、仕事を探すようにいわれます。しかし、きちんと仕事を探していれば、大丈夫です。難しい言葉ですが、稼動能力の活用をしていれば、大丈夫です。ようは、がんばって、仕事をさがしていれば大丈夫ということです。変に熱心な市役所の担当者(一般的にケースワーカーといいます)は、きちんと仕事を決めないと生活保護を打ち切るなどといいますが、実際には、そんな簡単に生活保護を打ち切ることはできません。

生活保護を打ち切るには、まず、生活保護法第27条に基づく文書指導というものを行います。ようするにあなたは、稼働能力の活用を怠っている(きちんと仕事をさがしていない)ので、生活保護の打ち切りを考えていますという通知がいきます。そして、その通知がきたら、その通知の中に、市役所で自分の弁明をする日時が指定されています。その指定された日時に市役所にいって、弁明を行います。そして、その弁明をした後、市役所がその弁明が妥当でないと判断した場合は、生活保護が打ち切られます。しかし、その処分に不満がある場合は、市役所の上級庁(普通は、県庁です)に審査請求というものを行います。(もっと、簡単にいうと、県庁に訴えるということです)本来、すぐに結論が出るのですが、50日以内に結論が出ない場合は、裁判所に訴えることができます。ただ、実際には、生活保護法第27条に基づく文書指導指示をすることはほとんどありません、なぜなら、非常に面倒だからです。ですから、きちんと仕事を探していれば、生活保護法第27条に基づく、文書指導指示を受けることはないでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。生活保護を受けるのに、年齢は関係ないこと。もし、市役所が年齢のことをいってきたら、それは、生活保護を受けさせないための方便にすぎないのです。まさに気をつけてください。気をつけよう、市役所の生活保護担当の面接員の話とたとえても過言ではありません。とにかく、これから、生活保護を受けようとする人は、不安でいっぱいのはずです。それは、気をつけないと、何人も相手をしている生活保護の面接担当者にうまく帰させられてしまう可能性は、十分にあります。ですから、何か不安があったら、コメントをください。そして、ケースバイケースですが、生活保護の申請の際に同行することも行っています。とにかく、若いから、生活保護はだめとか、健康だから、生活保護はだめとかいうことはありません。

まず、少しでも不安ならば、遠慮なくコメントをください。どんなことでも結構です。まず、事情を把握しないことには、当然、対処できません。よろしくお願いします。

 

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

    None Found

19 Responses to “若くて健康な人でも生活保護を受けることはできるのか。”

  1. みい子 より:

    はじめまして。
    質問させて頂きます。

    神奈川県に住んでおります。
    2年程前に国の特定疾患である難病になってしまい、入院生活を経て現在は通院しながら自宅療養をしています。

    今の状況は母親と2人暮らしです。
    ・私は母の扶養に入っています。
    ・母は年金受給者です。(月6万程度)
    ・私が難病で働けない為に高齢の母がパートを始めました(月7万程収入)
    ・アパート暮らしです。
    ・私に兄弟は居ますが頼れる人はいません。
    ・私は未だに通院が月に1度あり強い副作用のある薬を服用中。働く事もしばらくは無理です。

    母親もガンで私と同時期に入院しておりましたが退院してまだ通院中でしたがお金が無いので無理してパートをしています。そもそも高齢ですし、母の体調もあります。再発の確認もしたいので通院もして欲しいから生活保護を受けてパートを辞めてほしいと思っています。母は生活保護は受けられないんじゃないか?と怖がってなかなか行きたがりません。

    そこで質問ですが、私達の様な家庭の場合は母が生活保護申請をする形になりますか?それとも私が申請しても通るものなのでしょうか?何も分からず初歩的な質問すみません。

    よろしくお願い致します。

    • seikatuhogo より:

      コメントありがとうございます。母とあなだが二人で住んでいて、貯金があまりないのであれば、生活保護を受けることは、可能です。ただ、市役所に相談にいても、いろいろ難癖をつける可能性があります。詳しい事情を知りたいので、住んでいる市と電話番号を教えてくれれば、より、くわしく相談にのれます。何も、知らない状態で、生活保護の相談にいくと、書類がないだとか、うまく、難癖をつけられる可能性は高いです。ただ、聞いている情報ですと、生活保護を受けられそうな気がします。ぜひ、ご相談ください

  2. むぎ より:

    こんにちは。生活保護の事を調べていてこちらのサイトにたどり着き
    持病があり病状で働くのが現在難しい状態で今までの貯金もなく生活保護を申請してもよいものか?人間のくずと言われても仕方ないのですがここに至るまでいろいろな事が重なり相談できる方もいなくようやくここにたどり着きました。お話を聞いていいだたくだけでも構いません。もし解決策があれば教えていただきたく、コメントさせていただきました。内容はメールでお話をできればと思います。よろしくお願いします。助けてください。

  3. ナスオ より:

    今、生活保護を受けていますがケースワーカーさんのことで悩んでいます
    保護の変更などの手続きなどで事前に告知してもらえなかったり
    本来通えるはずの病院も行けないと言われたり

    最近手続きの事で会う約束をしていたのですがその日にお休みを取っていてすっぽかされました
    ケースワーカさんのほうから日時の指定があったのに
    いつまで待っても来ないのでこちらから役所に連絡したらお休みですと説明されました
    その5分後くらいに役所のほうから電話があって、病気でお休みしていますと説明されました
    その後別の方が担当してくれる事になりました

    2年ほど前にある病院に行きたいと伝えた所そこはダメだと説明を受けたんですが、最近になって通える病院だとわかりました
    その病院に確認しましたが生活保護の指定病院で歩いていける距離です
    2年前に通う事になった病院はバスで通っていましたが通院費については払えないと説明を受けました

    その問題のケースワーカーさんが戻ってきたんですが
    その事で精神的に不安定になってます
    ケースワーカーさんを変更してもらう事って可能なのでしょうか?

    • seikatuhogo より:

      コメントありがとうございます。公務員のくせに、このようなことでは、大問題です。ぜひ、住んでいる市と電話番号を教えてくれれば、生活の改善をしていきましょう。

  4. 月城 より:

    はじめまして。
    少し不安な事があったため相談させていただきます。

    私は中学から引きこもり、いまは社会に出るための交流の場に通わせて頂いている者です。
    母子家庭なのですが、生活保護を受ける事になったのは母親が体調を崩した時に様々な支払いがあり、母親の収入が間に合わなかったため、受けています。
    最近はよく母親の知り合いの男性(男女の関係などではない)が泊まりに来ることが多いのですが、その様な事は大丈夫なのでしょうか?頻度は一週間に3、4日といったペースです。知り合いの方も家はあり、帰ってはいる様なのですが・・・。金銭面では貸し借りはないと思います。食事は一緒に出し合っている時はあります。
    この様な事はやはりダメなのでしょうか?

    • seikatuhogo より:

      コメントありがとうございます。かなり、厳しいですね。このような状態で、生活保護を受けているのがわかると不正受給になる可能性があります

  5. ナスオ より:

    先日コメントさせていただきましたが
    ある人に同行してもらい、担当ケースワーカーの上司の方と話してきました
    担当の変更は無理でしたが、色々話してこちらの言い分も理解してもらえた感じです
    来年の春頃に職業訓練のような所に行く予定なので心療内科の先生と相談しながら、それに向かって頑張ろうと思います

    返信いただいていたのに放置していてすいませんでした

  6. kao より:

    こんばんは 初めて相談します。生活保護の理由が精神疾患だと、アパートを借りるとき、保証会社に通らないとネットでありました。本当ですか?
    また、生活保護を受けたときに、父か母にもしものことがあった場合、相談すれば、生活保護受給中でも貸付金を受けられますか?

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます
      精神疾患でも貸してくれる不動産屋はあります
      借金はできません
      また、何かあればコメントをお願いします

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます
      原則貸し付けはだめです
      特別に認められた場合だけです
      動画も参考にしてください

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。
      生活保護者ということで保証会社に通らない通らないうことはありません。
      借金はできません。
      動画もありますので参考にしてください。
      ブログの中であります。

  7. Ico より:

    はじめまして。
    1万円でご相談に乗ってくださると拝見したのですが、ケース移管のことでご相談したいことがあるので(当方埼玉なのですが、できたら同行もお願いしたいです)
    アドレスを記載しますのでご連絡頂ければ幸いです。
    宜しくお願いします。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます
      内容を教えてください
      移管は、かなり市役所同士の都合で行われるので気をつけてください
      何かあれば、コメントください
      また動画も参考にしてください

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。
      相談は無料でのります。
      動画もありますので参考にしてください。
      ブログの中にあります。

  8. たまちゃん より:

    知的障害と、統合矢調庄を持っているのですが、病院行く時とかに、役所から、タクシーバスを使うように言われたのですが、妄想や、幻覚が、ひどく、乗車や運転手さんに、凄く迷惑な、行為を働きます。何故か、分かりませんが旦那わ自家用車でわ、凄く大人しく運転する事が、できるんです。私わ運転免許を持っていますが、ペーパーで、運転が出来ません。医者の方からも診断でわ、運転わ私が同乗なら、運転しても良いといわれています。生活保護を受給していると、やはり、この理由でわ、運転わ、出来ないのでしょうか?歩てわ、行ける距離でわないんです。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。車の運転は禁止されているので難しいと思います。タクシーが厳しいのであれば病院の近くに転居するというのもひとつの方法です。医師の許可があれば転居費用が支給されるケースがあります。

      • たまちゃん より:

        ユーチューブ見て生活保護の事を分かりやすく知りました。
        大変助かりました。
        ありがとうございます。
        これからも、他に困ってる方を助けてあげて下さい。

        • 小川 友樹 より:

          コメントありがとうございます。頑張りますのでもし市役所がおかしなことをしたら録音か録画をとっていただいて教えてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ