生活保護受給者はクレジットカードの審査をクリアして使用できるか。

皆さん、こんにちは。日本経済の景気は良くなっているような風潮ですが、実際の暮らしはどうでしょうか。物価は上がり、特に生活必需品の値上がりが始まっています。昔、よくあった安売りも最近みかけませんね。生活が厳しく、クレジットカードで借金をしてしまい、お金に困り、生活保護を受ける人もいます。ところで、生活保護を受けている人は、クレジットカードの審査をとおり、使用できるのでしょうか。生活保護制度の趣旨とからめて見ていきます。

スポンサードリンク



生活保護でクレジットカードの審査をとおり使用する?

生活保護 クレジットカード 審査そもそも生活保護を受けている人がクレジットカードを作る事ができるのでしょうか。クレジットカードを新しく作る際に生活保護を受けている事をクレジットカード会社にいったら、まず審査は通らず、使用できないでしょう。それが現実です。一番いい方法は何でしょう。それは、生活保護を受ける前に作ったクレジットカードを生活保護を受けた事を黙ったままで使用する事です。クレジットカード会社は、生活保護の受給確認まではしません。でも、生活保護前にクレジットカードを作ってない場合はどうすればいいのでしょうか。

まず、生活保護を受けている事は言ってはいけません。ポイントは生活保護以外の収入があるかどうかです。それは、年金収入でも勤労収入でも大丈夫です。ただ、年収はそれなりの金額がないとクレジットカードの審査をとおるのは厳しいでしょう。最近は、消費者金融の法律が改正されたので、低所得者の人にとって、クレジットカードの審査がとおりにくくなり、使用が面倒になっています。当然、生活保護を受けている人は、もともと収入が少ないから受けているわけですから、クレジットカードの審査をとおるのは厳しく、使用はかなり困難といえます。ただ、生活保護以外の収入が一定以上あれば、クレジットカードの審査をとおり、使用できる事もあります。年収が100万円から200万円、もっとあれば、クレジットカードの審査をとおり、使用できるでしょう。もちろん、生活保護を受けている事は黙っておくべきでしょう。

生活保護受給者がクレジットカードの審査を通った後の使用の注意点

生活保護を受けている人がクレジットカードの審査を通ったとして、どのような使用ができ、どのような使用に注意しなくてはならないのか。生活保護を受けている人は借金をする事ができません。また、逆に生活保護受給の開始時に借金があると自己破産の手続きをするように指導されます。自己破産をするには、弁護士が必要になります。 その場合、市役所は法テラスという組織の弁護士を使うように言われます。法テラスとは、低所得者の人が利用するための弁護士の組織です。弁護士費用も定額で、分割で支払いができ、通常、月額5,000円での返済になります。自己破産をすると、確実にクレジットカードは作れなくなります。借金については、生活保護申請時に資産申告書という書類を提出するのですが、その中に借金がいくらか書く欄があります。そこにサラ金などの借金を記載しますと、余程、定額でない限り、自己破産指導が入ります。そうなれば、クレジットカードの審査を通してましてや使用する事など不可能です。むしろ、自己破産をすると、闇金のチラシがたくさんポストに入ってきます。クレジットカードと違い、無審査で借りられますなどと甘い言葉がチラシに書かれています。実際に借りる事はできますが、金利ははんぱなく高くて、最終的には返せなくなり、夜逃げするしかなくなるでしょう。現にそういう人もいます。そもそも闇金業者は違法ですから、取立ても違法な方法で行います。身に危険が及ぶ可能性は高いでしょう。

スポンサードリンク



それでは、クレジットカードの審査を通った場合、どんな事に使用できるのでしょうか。まず、借金はできません。仮に借金をしたとします。そうすると、その借金をしたお金は、収入とみなされます。収入とみなされるとどうなるのでしょうか。生活保護を受けている場合、収入があるとその分、生活保護費から差し引かれます。(これを収入認定といいます) つまり、借金をするとその分、後で生活保護費から収入として差し引かれてしまうため、損をしてしまう事になります。黙っていると、不正受給になります。

それでは、どんな時、クレジットカードが使えるのでしょうか。例えば、クレジットカードによる買い物の自動引き落としは、特に市役所は問題視しないでしょう。しかし、買い物で分割払いにするとそれは借金とみなされる可能性があります。いずれにしても、生活保護を受けている人は借金ができないので、クレジットカードの使用範囲はかなり限定されます。ただ、実際には、市役所に黙って、借金をしている人は多いようです。一時的に大きな買い物が必要になったり、葬式のような法事で急にお金が必要になったりする事もあります。また、結構、生活保護を受けながら、酒をかなり飲んでいる人もいます。アルコール依存症が原因で生活保護を受けている人もかなりいます。そういった人が生活保護を受けて急に酒を断つ事などできるわけがありません。一応、そういう人にはアルコール依存症を治す病院へ通院するようにさせて、断酒会のような会合にも参加させるようにしていますが、そう簡単に治る病気ではありません。

そういった人は当然、収入もないので、クレジットカードの審査など通ることなど不可能で、もちろん使用もえきません。そのため、非合法の金融機関に頼る事になります。非合法の金融機関であれば、皮肉にも市役所の調査にひっかかりません。 そういうところで、少しずつかりながら、また、少しづつ返しながら、酒を飲んだり、ギャンブルをしたりしているようです。ある都市には生活保護受給者御用達のギャンブル場もあるようです。そして、お金がない時は貸し、返済は、生活保護費の支給日に行っているようです。生活保護を受けているとクレジットカードの審査はとおりませんが、こういうギャンブル場では、逆に生活保護を受けていると貸してくれます。生活保護受給者の場合、かたぎのクレジットカードの審査はとおりませんが、非合法なクレジットカード(クレジットカードといってよいのかわかりませんが)の審査は生活保護だとうまくいってしまうのです。つまり、低所得者相手の場合、下手な派遣会社のような不安定な仕事をしている人よりも毎月、安定的にお金が入る生活保護費のほうが信用があると判断されるという事です。

生活保護受給者の場合、クレジットカードの審査以前に使用は危険?

生活保護受給者の場合、クレジットカードの審査が仮にとおり、使用したとしても、今までであれば、市役所にばれなかったかもしれませんが、これからは厳しい可能性があります。なぜでしょうか。それは、いままでは、毎年、1回、収入申告書の提出のみ義務づけられていました。収入申告書とは、文字通り、収入がどのくらいあるかを申告するもので、収入がない人は収入がないという申告をする必要があります。それが、これからは、資産申告書という書類も毎年提出する動きがあります。これは、会計検査院に指摘されたためです。しかも、預金通帳の写しも提出させるとの事です。そうすると仮にクレジットカードで借金を返済しているのが通帳の引き落としで記録が分かってしまいます。クレジットカードの審査を通して使用する事よりも、生活保護制度で支給されるものを確実に活用した方がはるかに安全でお得です。生活保護制度は手厚いので、知れば知るほどこんなお金も支給されるのかとおもわせるものもあります。がんばりましょう。

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

    None Found

11 Responses to “生活保護受給者はクレジットカードの審査をクリアして使用できるか。”

  1. 匿名希望 より:

    知り合いの男性の相談をここで書きます。聞いた所によると、11年前に過労から(いわゆるブラック企業)鬱病を発症。就労出来なくなり傷病手当受給期間終了後に生活保護を受け現在も受給中です。親の名義の団地に移り住んでからの受給なので生活保護のみの受給のようです。本人の悩みは借金があることです。受給申請時に借金があることは保護課には伝えていたのですが、借金を生活保護費で返済することは不正になることや法テラスの活用といった説明が一切されずパンフレットを渡されただけで受給が開始されたそうです。当人はうつ病を患っているのでパンフレットを読み込む気力が無かったようで、受給されたお金で自分でやり繰りしなければいけないだと思いこんでずっと生活してたようです。当時の借金は30万に満たない少額だったそうですが、親の団地の修繕積立金と管理費・借金返済・親名義の団地に住んでいる為エアコン等の生活に関わる設備修理費や購入費・ニコチン依存によるタバコの購入費等々で保護期間中にキャッシングやクレジットを使用し借金を返すために借金をするような時期を何年も続けた結果現在借金は80万ほどになっているようです。保護費が出るだけで後は自分でやり繰りするしかないんだという認識だったようです。鬱病の症状が軽い時に生活保護を扱うTV番組で借金することが不正であることを知ったようです。保護期間中に何度か社会復帰を試みているのですが、その時の保護課の対応も非常に不親切で収入の事で何度か揉めているらしく言った言わない。説明した聞いていないの押し問答の結果過去の問題は全て本人が悪いで片付けられていて、保護課の人に対する不信感をとても強く持っているようです。話しを聞く限り、役所の説明不足から生じた借金だと私は思います。例えば親名義の不動産の管理費や積立金は親が払うべきだと思いますし、借金を保護費または借金で返済をすることが違反であると説明がないのですから当人は保護費から返済しますしキャッシングもします。喫煙に関しても何度も自身で禁煙を試みたようですが失敗に終わったようですが、私が調べ喫煙外来も保護費適用になることを教え最近禁煙できたそうです。借金を返済しているので借金をしてもいいのだと間違った理解が生まれ、賃貸物件に住んでいる保護者のかたは管理人が負担してくれる住居設備に関わる設備の維持費も借金で賄っていたようです。これも私が調べた所年間12万まで自治体で保護されることも知らないようでした。このように生活保護費で生きていく為の説明や助言がまったくされないのが原因で出来た借金で不正受給扱いされるのは私的には保護課の説明責任がとても大きいと思います。しかしこうゆう経緯を説明したとしても保護課も説明はきっちりしたと主張するでしょうから客観的事実で不正受給者にされ、破産申告する方向になると思います。本人も私以上に保護課への不信感が強く苦労しなくていい苦労をさせられ、現在も債務があることを隠しうつ病と借金で頭を抱えながらずっとギリギリの生活をしてるとのことです。これでは病気も治らないですし、社会復帰も出来ませんよね。これはなんとかならないのでしょうか?あまりにも酷い話しだと思うのですが

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます
      残念ながら、市役所の説明不足はよくあります
      解決策は生活保護をきちんと理解している政治家を作る事です
      市役所は政治家に弱いです
      またなにかありましたらコメントよろしくお願いします
      動画をはじめたので参考にしてください

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。
      本当にひどい話ですが肝心なことが説明されないことがよくあるのが現実です。 とにかく声をあげることが重要です。 政治家もあまり生活保護のことを分かってないため役所がいいようにやっています。
      動画をはじめたのでご覧ください。
      今後も行政をきちんとするための動画を行なっていきますので拡散をお願いいたします。 そういった行動が行政を変えていきます。
      またしてほしい動画やブログを教えてくれれば幸いです。

  2. 加藤 路得子 より:

    YouTubeの方で、コメントした者です。今かかっている心療内科が、性的虐待を受けていることを話していて、今も苦しんでいるにも関わらず、病名をうつ病と書いており、役所にうつ病なら東京に転居しなくても近くの心療内科で充分だろうと言われます。親と兄からも見捨てられており、もう最近ここにいても全く助けもない状況で、また倒れてしまいそうです。東京で適切な治療を受けたいと思うのですが、地元ではうつ病になってしまいます。来月、9/3に東京に行くので、一度お会いして相談にのっていただけないでしょうか?お願いします。

  3. れい より:

    わかりやすい説明でいつも
    たすかっています
    ありがとうございます。

    おしえていただけないでしょうか?
    不正受給といわれています。他区へ引っ越しして4ヶ月たちますが管轄がかわらず、どんなことしても、停止や廃止にしたいのでは?と、ワーカーさんの言葉きいて感じています

    身体障害で働けない身なのですが、保護きれたらいまのアパートから出ていく契約なので働くしかなくて
    この体でホームレスやシェルターはきつく(精神的にも)、病状悪化とこの件で心も悪化で鬱に半分なってしまいました(泣)

    ワーカーさんはかなり癖があるかたで、いままでなんでも心情はきいてくれなかったので、働くしかないと。少しでも障害年金1級にあがらないか申請しています。

    欠陥住宅で体が悪化し歩けなくなり、引っ越し願いと電動車いす確保をなんとかならないか?と、去年秋からずっとワーカーさんにお願いしてましたが、難しいです。ばかりでした。
    お手洗いもいけなくなり、数年前からもっていた、クレジットカード(申告してないです)のショッピング、リボで電動車いすを今年1月に中古かいました。この事を不正受給といわれています

    現金でなければ大丈夫です。といっていたので、ショッピング払いの明細だしました。「なんとなくショッピングとわかるのですが、なにかたりないんですよね〜」とワーカーさん言って、なにが足りないか聞いても、それは言えません。と言って。

    いろいろ役所がしんどくて、他区へ引っ越しして4ヶ月たちますが、管轄がまだ変わりません。この車いす件が終われば変わると言ってますが。

    数年前から病状対策などで、お金がたくさんいり、カードでお買い物(生活品)したぶんの、リボ支払い残金があり、不正受給にならないか?不安です。

    申告もしてないことでも、違反となり停止、廃止ならないでしょうか?

    また車いす購入後に、バッテリがすぐ壊れ、止む得なくキャシングで購入しています。

    カードの取引履歴は自己破産する弁護士先生にはお渡ししてますが役所には渡していません。弁護士先生にはすべて事実を話しています。先生も取引履歴は役所には出さない。と言ってくれています。
    弁護士先生がワーカーさんに説明してくれたのですが、弁護士先生も、ワーカーの言っていることがいまいちわからない。とクビをかしげていました。

    役所はカードの履歴まで調べれますでしょうか?
    もしこのキャシングばれたら、この金額を保護費から返還すれば、福祉廃止にはならずにすむのでしょうか?

    もし今回不正受給で保護廃止なった場合、他の都道府県でも福祉には二度となれなくなるのでしょうか?
    それなら、究極の選択になりますが、自分から福祉終了して、なんとか他の都道府県へいき、福祉を申請したほうがよいのかな?とおもいますが、難しいでしょうか?

    質問ばかりたくさんあり申し訳ありません。切羽つまり悩んでいます。
    どうぞ宜しくお願い致します。

    • 小川 友樹 より:

      不正受給で廃止ということはありません。分割での返還になります。

      • れい より:

        お返事ありがとうございます
        安心しました!

        すみません質問ばかりで
        宜しくお願い致します

        資産申告書 申告もれで
        ワーカーからいわれることありますでしょうか? 罰せられるのありますでしょうか?

        クレジットカードの取引履歴や使用内容を役所はしらべることてまきますでしょうか?

        • 小川 友樹 より:

          コメントありがとうございます。資産申告書は出さないとまずいです。クレジットの取引内容や履歴は役所は調べることはできます。

          • れい より:

            お返事ありがとうございます

            調べれるのですか!(T_T)
            今年のぶんは、ワーカーさんと
            やりとりしてるとき 
            はなしがなくなってしまい
            (ワーカーさん忘れてるみたい)

            つぎ 資産報告書きたら
            きちんとかけば 罰せられないでしょうか?

            もう遅く 不正受給で
            停止とかなるでしょうか?(泣)

            ショピングが、リボになってるのもあって
            返済なるかもですね?

            いま自己破産手続き入ってるのですが
            やはり返還でしょうか?(T_T)

            すみません不安になり
            何度もおききしてしまい。

          • 小川 友樹 より:

            コメントありがとうございます。不正受給をしたからいきなり生活保護は打ち切りになりません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ