障害者加算のすべてについて

皆さん、こんにちは。天候が良くなくて気持ちが憂鬱になりがちな日々です。政治も大臣は変わりましたが、何一つ困っている人のための政治が行われていません。あの森友問題で1年以内で交渉記録の文書を破棄しましたと平然とありえない発言を繰り返していた佐川理財局長(当時)がなんと国税庁長官へ栄転です。あのような嘘つき官僚が税金の徴収を行うトップになったら税金を払うのが馬鹿らしくなるのは目にみえています。
ところで、障害者の人達の社会生活をサポートするためにつく障害者加算とはどのようなものなのでしょうか。

スポンサードリンク



障害者加算とはどのようなものなのでしょうか。

まず、加算とは通常で支給される生活扶助費(食費や光熱水費などの生活費です)にいろいろな事情があるために加えられる金額のことです。加算にはいろいろなものがありますがここでは障害者加算について説明します。
障害者加算とはこのような人が対象になります。身体障害者手帳が1級から3級の人や障害年金の等級が1級か2級の人や精神障害者保健福祉手帳が1級及び2級の人が対象になります。それではどのように確認するのでしょうか。
障害の程度の判定は原則として身体障害者手帳や年金証書や精神障害者保健福祉手帳により行います。もし、身体障害者手帳や年金証書や精神障害者保健福祉手帳を持っていない人は生活保護を行っている市役所の指定する医師の診断書その他障害の程度が確認できる書類に基づいて行います。
それでは金額はどのようになっているのでしょうか。地域によって変わってきます。ここでは都会のパターンでどうなるかをみていきます。身体障害者手帳1級及び2級は月額約2万6千円になります。障害年金の等級が1級の時は月額約2万6千円になります。精神障害者保健福祉手帳1級の時は月額約2万6千円になります。
身体障害者手帳3級の場合は月額約1万7千円になります。障害年金の等級が2級の場合は月額約1万7千円になります。精神障害者保健福祉手帳2級の場合は月額約1万7千円になります。
ただし、これは在宅の場合です。入院している場合は身体障害者手帳1級及び2級、障害年金の等級が1級や精神障害者保健福祉手帳1級の時は月額約2万1千円になります。そして身体障害者手帳3級に障害年金の等級が2級や精神障害者保健福祉手帳2級の時は月額約1万4千円になりますので気をつけてください。

スポンサードリンク

障害者加算はどのように認定されるのでしょうか。

まず、生活保護の申請をして生活保護開始時にすでに障害者加算に該当する手帳を持っていたり又は障害年金を受給をしていた場合はどうなるのでしょうか。この場合は生活保護の開始時点から障害者加算がつきます。ただし注意してほしいのはきちんと申告する必要があります。例えばただ手帳を持っていて生活保護担当部署に申告しないと障害者加算がつかないことがよくあります。身体障害者手帳及び精神保健福祉手帳は市役所が発行しているのだからいちいち申告しなくても市役所側で把握できそうですが把握できないのが現実です。
また、生活保護を受けている時に身体障害者手帳や精神障害者保健福祉手帳を取得した場合はどのようになるのでしょうか。この場合は取得して生活保護担当部署に申告した翌月から障害者加算がつきますので注意してください。そしてこれもただ身体障害者手帳や精神保健福祉手帳を取得して生活保護担当部署に申告しないと障害者加算はつきませんので注意してください。
ただし入院など申告するのが困難な場合はいくらか考慮されます。

スポンサードリンク



障害者加算の問題

まずこの障害者加算のことを生活保護受給者がしらないために申告をしないケースがあります。そうなりますとその人は本来支給されるべき障害者加算がつかないことになります。障害者加算の認定に関わらず生活保護費については原則として本人の申告や届け出が中心となって行われます。しかし、市役所などの行政の側においても対象者の発見について積極的に確認の努力をすべきであるとされています。したがって、生活保護担当職員が障害者加算に該当すると思われるものを発見したときはただちに生活保護担当部署は障害者加算の認定に必要な手続きをするとともに本人に対して適当な方法で申告や届け出を求めなくてはなりません。
つまりただ申告を待っているのではなく障害者加算の把握につとめなくてはなりません。ここはものすごく重要なポイントです。この視点を忘れている生活保護担当職員がかなりいます。ひどい職員になると申告しているのに障害者加算を付け忘れているケースもあります。
本当に気をつけてください。実際にそういう市役所がありました。金額が馬鹿にならないので恐ろしい話です。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。障害者加算についてご理解いただけたでしょうか。生活保護の制度は本当に複雑にできています。何か分からないことがありましたらぜひコメントをお願いいたします。動画もやっておりますのでぜひ参考にしてください。自分の身は自分で守るしかありません。市役所は守ってくれません。障害者加算についてもう一度よく確認してみてください。よろしくお願いいたします。

関連記事はこちら!

    None Found

29 Responses to “障害者加算のすべてについて”

  1. テスト より:

    テスト

  2. 小川 友樹 より:

    コメントありがとうございます。
    別でメールを送ります。

  3. 匿名 より:

    私は精神障害者福祉手帳2級を持参しています。この度、年金の更新にて年金機構より等級が2級から3級に下がったので障害基礎年金の支給を停止されました。
    その後、生活福祉室より、今回は障害者加算の通知がきて、納得が行きません
    通常、年金を受給していない被保護者の障害者加算は、障害者の場合、手帳の等級によって支給されるが、3級は対象外とされ、私は手帳2級持参していますが、今回の年金の更新にて年金3級と共に、障害者加算も末梢されてしまいました。
    これは法定に違反するのではないでしょうか?

  4. みゆ より:

    小川さま
    いつも沢山の情報を載せて下さって有難うございます。非常に参考になっています。
    私は現在、鬱と不安障害、複雑性PTSDの診断で 精神障害2級の手帳を持っています。
    病状の悪化から、4月末より仕事ができず、半年近く無職でおりました。
    幼少期より 長らく家人との折り合いが悪く、理不尽に怒鳴られることや閉め出し、(幼少期に)暴力を振るわれる等があったことから、
    市の障害者ケースワーカー・主治医から、家を離れての独り暮らし(世帯分離)→生活保護で、暫く静かな生活をしてみてはどうか?と提案されています。
    そこで、まずは「住む部屋(扶助内の家賃)」の契約のみが済みました。入居可能日に、市役所で転居届を出すつもりです。
    問題は その後のことなのですが、先日「福祉ステーション(保護課)」に電話で相談したところ、「そこに居住して、きちんと一人で生活をしている状況」が見られなければ申請ができない、と言われ、途方に暮れています。
    家具・家電、その他こまごましたものは、まだ搬入・購入前だったり、友人から譲り受ける前なのです。
    半ば部屋が からっぽな状態では、転居届を出していても申請はできないのでしょうか?
    私は父から「もう戻ってくるな」と言われていますし、「生活をしている実態(家電などが揃っている状態?)」を作っていると、保護申請前に家賃支払いの日付が来ます。
    更に、申請が通らなかった場合は、異議申し立てなどで もっと時間が掛かるかと思います。
    私は、「入居可能日」に保護申請を出すことはできないのでしょうか?
    長々と書いてしまい、大変申し訳ありません。どうぞ宜しくお願い致します。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。転居届けは生活保護の決定にはあまり関係ありません。実際に寝泊まりをして食事などをし生活実態があることが重要になります。また保護開始時に布団がない場合は支給されるケースもあります。家が空っぽだと生活実態がないとみなされる可能性はあります。

  5. 匿名 より:

    生活保護の障害者加算について、他のサイトを見ると精神障害者福祉手帳1級2級なら、障害者加算はつくと思うのですが、市役所のCWではあくまで新規の方だけで、一度年金を貰って更新出来なかった人には、障害者加算を付けないといわれます。
    平成29年度はどうなっているのでしょうか。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。精神保健福祉手帳と障害者年金の等級の最新の情報をもとに障害者加算はつけられます。だから精神保健福祉手帳の更新申請をして1級か2級の等級がでればまた加算がつきます。

  6. このは より:

    小川先生こんにちは
    こちらのサイトを見つけ心強くなりました。ありがとうございます。

    私は精神障害2級(専業主婦)で、離婚することになりました。
    小学生の子どもと二人暮らしになりますが、経済的な不安が大きく精神状態もギリギリになっています。
    弁護士さんを通して養育費など協議を検討中です。
    年金分割や(夫は数年後に定年を控えているので)退職金の一部も受け取ることができるかもしれないと言われました。

    しかしもしも上記が受け取れるのであれば、生活保護は無理ですよね
    私は働けるものなら働きたいのですが、病状が落ち着くまでは無理です

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。養育費などの収入が最低生活費を上回れば保護を受けることはできません。
      仕事については病気で仕事ができない場合は治療に専念すればよいです。病気で仕事ができない証明は市役所の職員が病院へ聞きにいきます。

  7. 名古屋市在住 より:

    障害者加算について調べていてたどり着きました。
    よろしくお願いします。
    生活保護中でうつ病です。
    以前までは精神障害者手帳3級でしたが今回の更新で精神障害者手帳2級になり、福祉事務所にその旨を伝え障害者加算がつくとのことでした。
    その一週間後、福祉事務所から電話があり次回受診日(来月)に病院で障害者年金受給のための診断書と初診日の分かる証明書を貰ってくるように言われました。
    現在未だに保護変更決定通知書が届いていない状況です。
    明日(11月1日)の受給日には障害者加算はつくのでしょうか?
    また、障害者年金の申請は強制なのでしょうか?障害者年金で2級が取得できなかった場合は障害者加算はつかないのでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。障害者加算は最新の情報に基づいてつけます。だから障害者加算はつきます。他法優先なので障害年金の受給資格があれば手続きをしてその結果に基づいて障害者加算の判断をします。受給資格がなければ手帳に基づいて障害者加算の判断をします。

      • 名古屋市在住 より:

        返信ありがとうございます。
        結論から言うと11月からは障害者加算はつかないとの事でした。
        障害者加算がつくのは、精神障害者年金の裁定請求を行ってからとの事でした。それまでの間は障害者加算はつかないと言われました。
        精神障害者年金の裁定が、
        ①手帳と同じ等級→引き続き障害者加算を認定
        ②手帳と異なる裁定(3級は除く)→年金の級による障害者加算に裁定の翌月から変更
        ③裁定却下、または年金3級→障害者加算を裁定の翌月から削除

        との事でした。
        精神障害者手帳2級であるにも関わらず、精神障害者年金の裁定請求を行わないと障害者加算がつかないのは納得ができませんでした。精神障害者年金の裁定請求はとても複雑で時間がかかりとても大変だと聞いております。

        小川さんはこのケースワーカーの説明で合っていると思いますか?
        よろしくお願いいたします。

        • 小川 友樹 より:

          コメントありがとうございます。ケースワーカーの説明は間違ってます。手帳だけで障害者加算はつきます。早くきちんと抗議したほうがいいです。できれば録音をとったほうがいいと思います。他の方でも録音があれば証拠になるのでとってる人はいます。はっきりいっていい加減なケースワーカーはいますので気をつけてください。障害者加算がつかないと保護費がえらいかわり年間とおせば何十万円と変わってきます。差し支えなければ録音したものを私に送ってくれればありがたいです。動画もご覧になってください。

          • 名古屋市在住 より:

            さっそくのご返信ありがとうございます。
            「精神障害者への障害者加算の認定」と言うフローチャートを見せてもらってそれに沿って説明を受けました。残念ながら録画録音はできなかったのですが、そのフローチャートを写真に撮りました。
            できればそのフローチャートを見てご意見をいただきたいのですがどこに送ればよいのでしょうか?

  8. 名古屋市在住 より:

    長文になってしまいましたが読んで助言をいただけると本当に助かります

    私の場合のフローチャートです。

    ①精神障害者保健福祉手帳(以下「手帳」という)が1・2級であり、初診日から1年6ヶ月を経過して作成されたものである。
    ↓YES
    ②障害年金の裁定請求をまだ行っていない。→速やかに、裁定請求を行わせる。 ← イマココ

    ③裁定請求を行ったことを確認し、手帳の級により障害者加算を認定する。

    ④障害年金の裁定がなされる。

    ⑤-1裁定で手帳と同じ障害等級が認定された。→引き続き障害者加算を認定する。
    ⑤-2手帳と障害者等級が異なる裁定となった。(3級は除く)→年金の級による相応の障害者加算に裁定の翌月から変更する。
    ⑤-3裁定却下、又は障害者年金3級の裁定となった。→障害者加算を裁定の翌月から削除する。

    ・今回、手帳の更新で3級から2級に変更になったので福祉事務所にその旨を伝え、手帳のコピーを取られました。この段階でケースワーカーは来月から障害者加算がつきますと言っていました。(10月初頭のことです)※私はこの時点で障害者加算の手続きは終えたものと思っていました。

    ・その一週間後、ケースワーカーから電話がかかってきて次の受診日(11月初頭)に障害者年金受給のための診断書と初診日の分かる証明書を貰ってくるように言われました。(上図の②のことだと思います)※私は障害者年金を受けるために必要な書類なんだろうと考えていました。

    ・そして先日、上図のフローチャートを見せられ年金受給の申請(精神障害者年金の裁定請求)が完了するまでは障害者加算がつかないと言われました。(上図の③のことだと思います)※年金受給の申請はとても複雑で難しく診断書作成にも時間がかかり病歴・就労状況等申立書もとても大変だとネットで見ました。うつ病でとても辛く私にはすぐに書き上げられるものではないと考えています…。

    ・障害者年金の裁定がなされて⑤-1~⑤-3の結果に応じて障害者加算が継続されるか変更されるか削除になるかとの事でした。

    今一度お伺いしたいのが、年金受給の申請(精神障害者年金の裁定請求)するまで障害者加算はつかないのでしょうか? ①の段階(障害者手帳2級の提示)では障害者加算は認められないのでしょうか?

    今一度ご意見を伺いたいと存じます。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。手帳2級を取得し精神保健福祉手帳の取得の原因となった病気について初めて医師の診察を受けてから1年6月経過してれば大丈夫です。障害年金の申請はしなくてはならないですが、障害年金の申請を完了しないと障害者加算がつかないということはありません。市役所は間違った説明をしています。今度聞いたとき録音したほうがいいと思います。きちんと抗議して11月からつくようにいったほうがいいです。いろいろごまかす可能性があるので気をつけてください。録音か録画がないと証拠がないため、逃げられてしまうことはよくあります。

      • 名古屋市在住 より:

        ご返信ありがとうございます。
        ①の段階(10月初頭障害者手帳2級の提示コピー)で障害者加算が認められ、翌月11月に障害者加算がつくということでよろしかったですか?

        よろしければ根拠となる法律?文章?などがあれば教えていただけませんでしょうか?(URLでも文章でも構いません) それに基づき強く講義したいと思います。

        次回電話がかかってきましたら録音するつもりでいます。

        よろしくお願いいたします。

        • 小川 友樹 より:

          コメントありがとうございます。根拠は生活保護手帳の障害者加算のところで2015年版で問第7の65答に基づきます。

          • 名古屋市在住 より:

            さっそくのご返信ありがとうございます。何度も何度も質問ばかりして誠に申し訳ございません。

            松山市福祉事務所のホームページで下記内容(障害者加算と障がい者手帳との関係)を見ました。
            https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kurashi/fukushi/shakai/hogo/syougaisyakasann.html

            気になるのが「※△は、年金・手当の裁定の申請中に限り障がい者手帳の等級で加算し、裁定後は年金・手当の等級で加算する。」にある”裁定の申請中に限り”という文言です。

            もちろん精神障害者年金の申請はしますが、
            ①やはりケースワーカーのいう通り、精神障害者年金の申請をするまでは障害者加算はつかないのでしょうか?
            ②それとも小川様のおっしゃる通り、精神障害者保健福祉手帳2級の提示で認められて障害者加算はつくのでしょうか?

            気持ちばかりが焦ってしまい不安でいっぱいになってしまっています。
            手元に生活保護手帳が無いため「問第7の65答」を知ることができませんでした。お忙しい中、質問ばかりで本当に申し訳ございません。

            よろしくお願いいたします。

          • 小川 友樹 より:

            コメントありがとうございます。年金の裁定請求は関係ないはずですが受給資格がなければ加算がつくみたいなんで年金事務所で受給資格があるか確認してみて受給資格がなければ問題ないのでそれもひとつの方法だと思います。

  9. メイ より:

    小川先生、はじめまして。私は精神障害者保健福祉手帳2級で私の夫は先日、精神障害者保健福祉手帳が3級から2級になりました。生活保護は、私と夫、私の父、私の兄と同居して受給しています。
    夫が3級から2級になったことで障害者加算がつくはずなのですが、加算がつきません。それと、私の住んでいる市では
    月に5千円の手当ても頂けるのですが
    それもまだのようです。夫は、高次脳機能障害の症状で記憶が曖昧な時があります。そのため、手続きをした時に手当ての入金口座がどこなのか、ハッキリしないようです。今月に入って生活扶助が引き下げられるということを知り、今でさえ食費を削って、半額のものを購入したり食べなかったり光熱費も本当に寒いのですが、我慢して震えてます。お風呂も入らず髪の毛も自分でカットして生活しています。これ以上、何を節約すれば良いのか政府の方々にお聞きしたいです。
    どうしても減らすなら、私たち家族は外に出て働くことが出来ませんので効率の良い内職でも世話をして頂きたいです。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。お兄さんは障害者年金の受給資格はお持ちでしょうか。まずそれを教えていただければと思います。

      • メイ より:

        おはようございます。返信をどうもありがとうございます。兄は、どこのお医者さんにも受診することができません。今年、61歳になりましたがもう、何十年とお医者さんに受診してません。高齢者の引きこもりです。精神科に受診するだけでも良いので受診して欲しいのですが
        頑なに拒否します。そのような状態ですので、歯はほとんど抜けてしまっています。生活保護費のほとんどが医療費だから受給者に支払わせろ、などという人もいますが私の兄のような人間もいるということをわかってもらいたいです。本来なら生活保護は収入が少なく、生活が苦しい人は病気になってなくても受給できるはずなのですが実際には、本当に病気や障害で働きたくても働けない人しか、この低福祉高負担の日本では受給できないです。私の知人で生活保護を受給している人は皆さん病気や障害を抱えています。私の兄も精神科に受診できたら精神障害者保健福祉手帳を取得できると思いますが本人が嫌がりますので、どうしようもない状況です。

  10. メイ より:

    すみません。追記をお願いします。
    私の兄は、引きこもりで私の夫が高次脳機能障害で、現在3級の障害年金を受給しています。月に48000円ぐらいです。
    私の父は、10月に脳梗塞になり、現在は病院に入院してリハビリを行なっています。私自身もパニック障害、特発性脊柱側彎症という背骨がよじれて曲がる病気で90度の角度で10年ぐらい前に手術しています。その3年ぐらい前に、かなり重症の子宮筋腫で子宮全摘手術を受けています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ