生活保護における脳梗塞による介護はどうなっているのか。

皆さん、こんにちは。政治は、金まみれで、まったく、庶民の生活のことは、考えてくれません。自分の生活は、自分で守らなければなりません。はっきりいって、政府はあてになりません。アベノミクスがはじまって、約3年になりますが、皆さんの生活は、よくなっているでしょうか。一部の大企業は、円安で業績がよくなって、ボーナスがよくなっているようですが、それは、ほんの一握りです。

スポンサードリンク



ところで、生活保護における脳梗塞になってしまった場合の介護は、どうなっているのでしょうか。

生活保護で、脳梗塞になり、介護になる事は多い?

OZP73_komattasensei20140321_TP_V生活保護を受けている人で、脳梗塞になる人はかなりいます。一つには、タバコをかなり吸う人が多いことがあげられます。とにかく、生活保護を受けている人は、タバコをよく吸います。生活保護を受けている人の家の中が、タバコの空気で充満していることは、かなりあります。よく、こんな状況の部屋で生活ができるなあという気がします。こんな環境では、体によいわけは、ありません。ですから、脳梗塞になる人は、かなりいます。また、生活保護を受けている人は、酒をたくさん飲む人もいます。この多量の飲酒により、脳梗塞になる人もかなりいます。

脳梗塞になってしまい、要介護状態になり、介護を受けることになってしまう人もいます。介護を受けるとなるとお金がかかってしまうのではないかと心配する人もいるかと思います。確かに、通常は、介護保険は、1割負担になります。しかし、生活保護については、費用の負担に」ついて、まったく、心配いりません。40歳から64歳までであれば、介護保険の0号保険というのが適用になり、介護にかかる費用は、全額、生活保護費からでます。生活保護を受けている人の負担は、ありません。もちろん、1割負担の心配は、いりません。65歳以上の人については、9割が介護保険の予算からでて、1割は、生活保護の予算からでます。だから、結局、生活保護を受けている人の負担は、ありません。

ですから、生活保護を受けていれば、脳梗塞により、介護の必要がでたとしても、費用の負担の心配は、いりません。安心してください。

生活保護において、脳梗塞による介護はどうなっているの?

脳梗塞は、いったんなると、後遺症が残ります。また、生活において、いろいろな制約を受けます。脳梗塞は、病気なので、当然、いろいろ大変なことがあります。脳梗塞になり、その後、合併症になってしまう人もいます。しかし、なんといっても、脳梗塞になってしまうと、たいてい、介護が必要になります。一番、心配なのは、費用面です。介護というと途方もなく、お金がかかってしまうイメージがあります。しかし、今は、介護保険という制度があり、この制度で対処できます。また、費用面については、生活保護を受けている人は、心配いりません。ですから、介護の事業者も生活保護を受けている人は、とりっぱぐれがないので、心配がありません。なんだか、釈然としない人もいるかもしれませんが、これが、現実です。

最近は、介護予防といって、脳梗塞のような病気にならないようにいろいろな運動のようなことをおこなっていたりします。しかし、実際には、あまり、効果はあがっていないようです。運動するのは、大変なので、かなり、強い意志がいります。だから、現実的には、かなり無理があるようです。誰でもつらいことは、したくありませんからね。しかし、ひとついえることは、生活保護を受けていれば、脳梗塞により、介護が必要になっても、そのための費用面における負担は、ないということです。これは、はっきりいって、おいしいといえます。通常では、1割の負担、おそらく、これからの時代、所得や資産によって、介護保険を使うにあたっての負担がかなり生じると思われます。

その点、生活保護のように、介護保険を利用しても、負担が生じないというのは、これからの時代、かなり、おいしいといえます。このへんのところは、よく理解しておいてください。高齢者もしくは、障害者になった時、生活保護制度は、あらゆる福祉サービスが無料で提供されます。(もちろん、一部、例外はありますが)

ですから、お金がなくても、生活保護を受けていれば、脳梗塞になってしまい、介護が必要になったとしても、何も心配いりません。介護保険を受けるにあたっての医師の診断書の費用も生活保護で支給されます。(上限はありますが) まさに、いたれり、つくせりです。生活保護における、こういった知識がなければ、脳梗塞になった時、お金がない場合に途方にくれてしまいます。しかし、きちんとした知識を身につけておけば、何も問題ないことがご理解いただけると思います。

スポンサードリンク

生活保護における脳梗塞で介護が必要になってしまった場合、恐れる必要はあるのか?

生活保護を受けている場合、あるいは、お金がない場合で、脳梗塞になってしまい、介護が必要になっても心配いりません。生活保護を受けていれば、生活保護制度を活用しながら、介護保険を受ければ問題ありませんし、生活保護を受けていない場合は、お金がないのであれば、生活保護を受ければいいだけです。難しくありません。無理に体調が悪いのに我慢してしまうと、病気が悪化してしまい、取り返しのつかないことになります。一つの例として、アメリカがあげられます。アメリカは、個人の民間保険が発達している国であり、お金がない人は、医療などの福祉が受けられず、病気がかなり悪化した段階で、病院にかかるということが多いようです。そのため、かえって、医療費がかかってしまうというデータもあります。お金の問題よりも、病気が悪化してしまうことが問題です。

日本では、生活保護制度があるので、問題ありません。これは、大きな強みです。皆さん、しっかりとこの生活保護制度を活用しましょう。そうすれば、脳梗塞になってしまい、介護が必要になったとしても心配いりません。大切なことは、難しく考えず、きちんとした知識を身につけることです。知識を確かなものにすれば、脳梗塞で介護が必要になったとしても恐れることはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。生活保護において、脳梗塞で介護が必要になった場合、どうなってしまうのか、ご理解いただけたでしょうか。とにかく、費用面の心配はいらないことは、ご理解いただけたと思います。とにかく、心配いりません。

何か、御不明な点、分からないことがあった場合は、遠慮なくコメントをお願いします。生活保護制度は、大変、手厚い制度ですが、そのかわりといってはなんですが、非常に複雑でわかりにくくなっています。ですから、わからないことは、どんな些細なことでも、コメントをしてきいてください。

まさにきくは、一時の恥、聞かずは、末代までの恥といいます。何も恐れることは、ありません。恐れることは、きちんとした知識を身につけないことです。そして、逆にきちんとした知識を身につければ何も恐れることはありません。脳梗塞は、こわい病気でありますが、対処法は、きちんとあり、また、金銭面の心配はいりません。

生活保護制度の知識を確かなものにしていきましょう。脳梗塞のために、介護が必要になったとしても、生活保護制度について、きちんとした知識を身につけて、きちんと活用していけば、何も心配いりません。そして、大切なことは、少しでもわからないこと、不明な点について、コメントをください。おまち申し上げております。

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

    None Found

4 Responses to “生活保護における脳梗塞による介護はどうなっているのか。”

  1. のり より:

    はじめまして、うちの父も生活保護+脳梗塞で現在
    リハビリ病院に入院中です。

    現在、入院請求書にて「自費金額」と言う自費項目で
    一部負担する物があるのですが
    その様な物も申請すれば賄えるのでしょうか?

    診療材料
    おむつ代
    院内清掃用品代金
    その他
    等で、毎月7万近く請求されます。

  2. のり より:

    先ほどコメントした者です。
    出来ればメールアドレスの方にご連絡頂けますと幸いです。

    • seikatuhogo より:

      コメントありがとうございます。くわしく内容を話すには、電話がいいと思いますので、電話の連絡先を教えてくれると助かります。かなりの人が電話連絡で、話をして、今まで、もらえなかった生活保護費がもらえるようになったといわれてありがたいです。場合によっては、場所によっては、市役所へ同行して交渉します。ただ、その場合、実費などがかかるので、費用がかかります。(もちろん、低額です。ケースによりますが、1万円~2万円です)あと、住んでいる市を教えてくれたらと思います。市役所によって、かなり対応が違うのが現実です。ぜひ、生活をたてなおしましょう。

  3. 松浦 より:

    初めまして。いきなりコメントすみません。
    友人が、薬物使用で脳梗塞になり、カラダがほとんど動かないまま、病院を退院しないといけなくなりました。
    その友人の親は、面倒はみれないというので、ともだちである私がみるつもりです。
    本人は、動くことも働くこともできません。生活保護をうけても、自分一人ではいきていけないので、こういった場合、何かいい制度はありますか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ