生活保護において、納骨は無料なのか。

皆さん、こんにちは。政治と金の問題は、相変わらず、ひどいですね。皆さん、日々の生活で大変なのに、政治家や政治家の秘書は、何十万円というお金をせしめています。政治の腐敗については、結局、大臣を辞めたことにより、うやむやになってしまうようです。日本の経済をよくしたとかで、持ち上げられていますが、皆さんの生活は、決してよくなっておりません。

スポンサードリンク



ところで、生活保護において、生活保護受給者が亡くなった場合に、納骨のお金はどうなるのでしょうか。無料なのでしょうか。

生活保護における納骨は、無料というのは、本当?

MOK_oketohisyaku_TP_V生活保護を受けている人は、身寄りのいない人がかなり多いです。また、身寄りがいても、親族との関係がかなり、薄くなっていることが多いです。そのため、生活保護受給者が死亡した場合、親族による葬儀が行われないケースがかなりあります。その場合、市役所が葬祭業者にお願いし、火葬してもらうことになります。この場合の費用は、葬祭扶助と呼ばれ、だいたい約20万円(もちろん、地域によって、金額は違います)が葬祭業者に支給されます。葬祭業者にとっては、かなりおいしい金額のようです。実際の火葬費用は、5万円程度で、行われるようなので、あとは、人件費や死亡した場所が遠ければ、交通費がかさむようです。いずれにしても、かなり、葬祭扶助の上限は、高いのが現実です。ですから、葬祭業者は、生活保護の葬祭扶助をやりたがる傾向があります。ここで、注意してほしいのは、もし、その生活保護受給者が死亡時に、手持ち金、ようするに、お金がある場合は、まず、そのお金を葬祭費用にあてて、それでも、足りない場合は、葬祭扶助で支給するという仕組みになっています。 ここが注意するポイントです。

ですから、手持ち金が多い場合は、このお金で、葬祭扶助がまかなえてしまうケースがあります。そして、余ってしまった場合は、どうなるのでしょうか。市役所に返すのでしょうか。実は、この場合、なんと、余ったお金は、親族のものになります。えっと思う人もいるかと思いますが、それが、現実なのです。だから、この生活保護制度は、本当によくできており、おいしいのです。

それでは、葬祭扶助を支給し、火葬を行い、その後の納骨は、どうなるのでしょうか。例えば、親族がいない場合、あるいは、親族がいても遺骨を引き取らない場合は、どうなるのでしょうか。その場合は、葬祭業者のほうで、うまく行うようです。方法は、いろいろあるようですが、一つの例として、永代供養墓に埋葬することもあるようです。(いわゆる無縁仏ですね)ですから、この場合は、納骨の費用は、無料になります。 ただ、親族が遺骨を引き取りたいという場合は、どうなんでしょうか。この場合は、親族が自分のお墓に納骨するわけですから、納骨の費用は、生活保護で支給されません。ようは、無料になりません。当たり前のことですね。そもそも、親族がいるのであれば、葬儀を行うのが筋です。それが、葬儀は行わないで、その変わり、納骨だけは、させてくれというのですから、かなり、勝手なはなしです。もちろん、その気持ちは、分からなくはありませんが、一般の人からしたら、そこまで、生活保護で保障してくれるのという話になるでしょう。これから、社会保障予算が増えていき、消費税が上がり、ようは、国民の負担が増えていくときに納骨の費用について、無料というのは、議論のあるところでしょう。

生活保護制度は、納骨の費用も無料?

生活保護受給者は、最低限度の生活費しか支給されていませんから、基本的には、お金がたまることは、あまりありません。また、生活保護を受けている人は、かなり、浪費家の人が多いです。よく、生活保護を受けながら、酒を飲んだり、ギャンブルをしたりする人がいて、世間での批判がよくあります。実際、そのとおりです。酒の飲みすぎで、体をこわし、お金を使いきってしまった人もかなりいます。こういった人達は、義理をかき、親族との関係が悪化していたり、そもそも、親族がいない人がかなりいます。その時、一番問題になるのが、その生活保護受給者が死亡した時です。親族がいなければ、葬儀は、行えませんし、親族がいたとしても、関係が悪化していて、交流がまったくなく、市役所が死亡の連絡をしてもかかわりたくないというケースがかなり多いです。この場合は、結局、生活保護でのお金で、葬祭扶助という形で、火葬を行うしかありません。遺体をそのまま放置するわけには、いきません、もちろん、腐ってしまうということもありますし、そもそも、遺体を勝手に処理してしまえば、遺体遺棄罪という犯罪になってしまいます。そいったことを防ぐためにも、生活保護制度において、葬祭扶助という制度があると思われます。

また、火葬を行えば、当然、納骨の問題が出てきます。納骨はどうするのか。親族がいる場合で、遺骨の引き取りは、行う、ようするに、納骨は行うという場合は、納骨は、親族に行ってもらい、もちろん、納骨費用は、親族がだしますので、無料には、なりません。まあ、当たり前ですね。それでは、親族が遺骨を引き取らない、あるいは、親族がいない場合は、どうでしょうか。この場合は、納骨の費用は、葬祭業者が行いますので、無料になります。

どうですか?おいしいでしょう。

スポンサードリンク



生活保護では、納骨するのに無料でいける?

皆さん、今までの話をみて、どうでしょう。かつて、イギリスが福祉国家に転換した時にゆりかごから墓場までという言葉がりますが、まさに、この生活保護制度は、ゆりかごから墓場までです。今回は、墓場の話をしています。よく、生活保護を受けている人で、自分には、身内がいない、あるいは、身内がいても関係が悪化してしまっている。お墓がない。死んだ後、どうなるのかと心配される人がいます。大半は、高齢者の方々です。そもそも生活保護受給者の約4割が高齢者世帯ですから、切実な問題だと思います。しかし、何も心配は、いりません。お墓など必要ありません。生活保護を受けている人は、亡くなったとき、きちんと葬祭扶助というのが支給され、火葬がきちんと行われます。また、火葬した後の遺骨についても心配いりません。葬祭業者が無料で、納骨を行います。もちろん、どこに納骨されるかは、分かりませんが、日本では、遺骨を勝手に埋めたりすることは、できないので、おそらく、永代供養墓のようなところに納骨されると思われます。日本は、納骨に厳しい国で、皆さんも聞いたことがあるかもしれませんが、海への散骨についても、いろいろ議論になっており、当時の厚生省と法務省で見解が違ったこともありました。とにかく、生活保護では、納骨は無料でいけますので、費用面の心配は、いりません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。生活保護における納骨の費用について、無料になる場合について、ご理解いただけたでしょうか。とにかく、生活保護制度は、よくできていて、それだけ、かなり、複雑になっています。そのため、しっかりとした知識を身につけることが必要です。ですから、疑問点は、そのままにせず、どんどん、コメントをしてください。よく、一人で悩んでしまう人がいますが、その気持ちはわかります。こんなこときいてもいいのかなとか考えてしまうのが人間、特に日本人の性質なのです。しかし、この性質は、美徳な部分もありますが、疑問点をそのままにしておくのは、よくありません。

積極的にコメントをお願いします。

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

    None Found

4 Responses to “生活保護において、納骨は無料なのか。”

  1. ああ より:

    >・保護と金欠と自由と・
    己は全く思わないが不正受給してる人からしたら おいしいかも知れない。家族で生活保護、または自分含めない家族が生活保護(両金不足親戚遠縁)の場合 払えないし嫌がると思うけど無縁墓に一緒に入れてもらえないのか?遺体を放置すれば罪になるので誰も来なかったら組織がやるしかないと思う。組織だって被害者のように思えますが、間違って生活が苦しい人を切るミスをして死なせた事もありますし自分達も税金で生き中には不正する職員も。組織側が不便なように思えますがそれが仕事。
    税金だって生まれた時から人間は国に恩返しをしていないか。
    殆どがしてると。生まれた時から、初めて働いたあの日から、物を買った頃とか。私達にとって不満な受給者だから死んでも冷たい意見が良く出るが、
    ギャンブルだって酒だって窃盗より誰かに利益がある。健康を害す趣味は悪質だと思うけど
    趣味は皆違う。変な話安楽死を反対してたけど、あってもいいかなと。ギャンブルも酒もダメ。生きる事を否定する事。じゃあ何故日本は安楽死を認めないのか。日本は生かす国。
    役所や民間人は殺したがる民族。それによって報酬を得たり
    後者は用はいじめだ。生活保護に使われる税金を出したいと思うか。どれだけの人が出してくれるだろうか。国も本心は役所の意思と同じと思えるが日本国が国民や外国人にそのような事をすれば大きな批判や差別イメージダウンになるのである。受給者に文句を言える事不正ばかりに概念がある人自分はそうでないから腹が立つ事同じ人間なのに一番になりたがる事。そんな世の中で幸せな事だと思う。自分はかつては普通の暮らしをし、幸いだった。だから両者の気持ちが分かる。体が不自由になったり精神病に母子家庭。いつどこでなるのか。誰にも分からないけど、体の障害や心の病気や貧困は誰にでもなる可能性が含まれます。よって差別をするのは間違いだと思う日が被害者になって必ずやって来る。金が貰えたら楽かいいえ。いきなり削減もあります病気になっても役所を通してから病院に予約で行きます。最悪数日後になります。厄介払いも珍しくはない。受給者は恥を忍んで特殊なものを渡します。食べ物を買う金しか支払われません。贅沢をしてる話を聞くと、推測上他に家がある老後か何かの手当があるのが一番。職員がグル優遇等の悪質でない限り不要に支給されるなんて職員に基本メリットがないので、本来ありえない。酒も飲みギャンブル等に使う人程老人が実多く手当てもあるのが相当です。
    食べ物も24時間一食だけ食べれても空腹な方もいます。そんな中何も娯楽が無くまぎらわすのも難しいと思う。食べるのが楽しみな方もいる。太るのが恐怖なのは幸せな証し贅沢の証なのだろう。日本と言う国に住みながらTVやクーラーがない人珍しくなく貧困jkも良くある貧困例を使って放送されました。受給者死後と生活を考えまとめる
    のに思う記事になりました。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます
      生活保護者がお亡くなりなた場合は葬祭扶助というのがでます
      格差拡大の政策を政府がとっていますので大変な時代になると思います
      動画をはじめましたのでぜひみてください

  2. 千葉県 より:

    こんにちは。

    ケースワーカーは、たいてい「細かい相談」を、させないために
    「逃げ回る口実」を、複数持っています。

    「逃げを打たれて、話し半分」なのですが、どうやら「20万円」の
    「処理費用(?)」で、無縁仏の処理が可能らしいです。

    「宗教に、役所が介入できない」とか、ややこしい事になっています。

    しかし、その前に「借りている部屋」の、原状復帰などの出費が
    ありますので、最近は「NPO と、契約を結ぶ人」も、増えているようです。

    余分なお金の無い「生活保護受給者」が、契約を結ぶ難しさが
    壁になるのですが「NPO 関係の情報不足」も、深刻です。

    具体的なデータの「収拾」を、開始したいと思います。
    使えるデータは、まとまり次第「ブログ記事」で、紹介しますので
    よろしく、お願いします。

    ブログの読み込みは「2分以下(最新 Flash 必須)」で、可能です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ