生活保護でタクシーの通院移送費はでるのか。

皆さん、こんにちは。世の中は、大企業が不適切会計を行っていることがばれても、形だけの謝罪をして、うまうまと生き残っています。不適切な会計なんていっていますけど、はっきりいって、粉飾の決算を行っていたということですよね。新興企業なら倒産でしょう。現に、ライブドアでは、ホリエモンが逮捕されました。世の中って不公平ですね。

ところで、生活保護制度で、タクシーの通院移送費は支給されるのでしょうか。

スポンサードリンク



生活保護で、タクシーの通院移送費はどうなっている?

生活保護 通院移送費 タクシーまず、生活保護受給者の病院へ通院するための交通費は支給されるのでしょうか。ここを知っておかないといけません。結論からいえば、支給されます。ただし、市役所で決められている通院証明書という書類を、病院に書いてもらわないといけません。その後、実際に使った交通機関とかかった費用を記載します。

よく、市役所によっては、たいした距離ではないので、通院交通費は支給できないなどというところがあるみたいですが、それは、間違っています。注意してください。実際に、そういう市役所があって、最終的にある団体が入ることによって、市役所があわてて、支給したという事例もあります。まさに、市役所による不適切な処理だったということでしょう。まるで、東芝のような市役所だったということです。きちんと、所定の通院証明書の書類を提出すれば、通院交通費は支給されます。

ところで、タクシーによる通院移送費は、生活保護で支給されるのでしょうか。まさか、生活保護で、タクシー代なんてでないでしょと思う人もいるかもしれません。実際には、どうなのでしょうか。結論からいえば、医師の許可があれば、生活保護で、タクシーの通院移送費を支給することは、可能です。ただし、それには、手続きが必要です。まず、公共交通機関を使って、病院への通院ができない場合にタクシーの通院移送費の支給対象になります。では、どうすればいいのでしょうか。

スポンサードリンク



生活保護で、タクシーの通院移送費が支給されるには?

まず、市役所にどうしても、公共交通機関を使って、病院への通院ができない旨を伝えます。通常は、足や腰が悪い場合が大半です。要するに、身体的に公共交通機関を使って、病院への通院ができないという事です。まれに、精神的な病気のため、人ごみに入ることができず、公共交通機関を使うことができないため、タクシーを使用するというパターンもあります。そうした場合に、市役所は、病院に、その生活保護受給者が病院へ通院するのに、タクシーが必要かどうか、確認するための書類をおくります。(これをタクシーによる通院移送費の支給のための要否意見書といいます) この要否意見書で、医師がタクシーによる通院が必要であるとの記載があり、かつ、市役所の嘱託医(市役所の生活保護を行っている部署が雇っている医者のことです)の承認がもらえれば、タクシーの通院移送費の支給が認められます。

その後は、どうすればいいのでしょうか。通常の通院交通費を支給されるときの通院証明書が必要になります。そして、ここで、重要なのは、タクシーの領収書が必ず必要になります。この領収書をなくしてしまうと通院移送費が支給されないケースが結構ありますので、気をつけてください。必ず、とっておくようにしてください。病院へ通院するためのタクシー代はばかになりません。通常は、毎月ごとに通院証明書を提出します。このへんは、決まりがありませんが、一つ注意点があります。

さかのぼって、生活保護費が支給されるのは、2ヶ月前までというきまりがあります。少なくとも、厚生労働省は、そういう見解をだしています。ただ、このへんは、市役所によって、様々なようです。もし、さかのぼって、支給できるのが、2ヶ月前までだとすると、5月分のタクシーの通院移送費は、7月までに通院証明書を提出しなくてはいけないことになります。例えば、2ヶ月に1回ずつ、通院証明書を提出している生活保護受給者は、気をつけないと、タクシーの通院移送費が支給されない分がでる可能性があることになります。

機械的に処理してしまえば、そういう事になってしまいます。実際には、そこまで、機械的には処理されないでしょうが、気をつけるのにこしたことはありません。毎月、通院証明書を市役所に提出して、タクシーの通院移送費の支給を受けるほうがいいと思われます。

生活保護でタクシーの通院移送費の支給を市役所は慎重になるのか?

ところで、生活保護で、タクシーの通院移送費が、きちんと、手順を踏めば、支給されることはご理解いただけたと思いますが、実際に市役所は、支給してくれるのでしょうか。タクシー代となれば、どんな理由であれ、多額になります。そんな多額な費用を市役所が生活保護の費用で、簡単に支給してくれるのだろうか。不安に思うかたもおられると思います。確かに、簡単には、タクシーの通院移送費は、生活保護で、支給されません。しかし、きちんとした、手続きを行い、タクシーでしか病院へ通院できない場合は、生活保護で支給できます。

ただ、市役所によっては、生活保護の予算を減らしたいと思っているところもあるようです。そういった市役所は、タクシーの支給を簡単には認めないところもあるようです。しかし、病院へ通院できなければ、病気は悪化してしまいますし、最悪、命にかかわります。市役所が、どうしても、公共交通機関を使っては、病院へ通院できず、タクシーによる通院しかできないのであれば、その状況で、タクシーの通院移送費の支給を認めないのは、まさに、不適切な処理というしかないでしょう。市役所に厳重に抗議してください。または、その生活保護を受けている人が通院している病院の医師に、どうしても公共交通機関を使っての通院ができず、タクシーを使うしか通院方法がない旨を訴えてください。たいていの医師は、市役所からくる書類にタクシーによる通院が必要な旨を書いてくれます。(もちろん、たまに変わった医師もいますが)

また、市役所の対応がおかしい時は、行政不服審査法による審査請求をするという方法があります。審査請求って、なんか難しそうだなと思ってしまいますが、それほど難しいことではありません。ようするに、市役所の生活保護の決定処分がおかしいので、上級庁(普通は、都道府県のこと)に訴えることです。裁判ではないので、お金は特にかかりません。そして、審査請求をした場合に、市役所の行った生活保護の行政処分が違法もしくは不当である場合は、市役所が行った行政処分が間違ったことになり、その生活保護の決定をやりなおすことになります。これは、タクシーの通院移送費のことだけではありませんので、よく知っておいたほうがいいと思います。とにかく、市役所は、不適切な処理をしがちです。特に生活保護での、タクシーの通院移送費の支給に慎重になる傾向が強いようです。

まとめ

いかがでしょうか。生活保護におけるタクシーの通院移送費は、医師が認めれば、支給されることは、ご理解いただけたと思います。医師が認めているのに、支給しないとか、そもそも、医師にタクシーによる病院への通院の必要性の確認を市役所がしてくれないとか、不適切な対応がないか、目をひからせる必要があります。とにかく、生活保護制度は、きちんとした知識をもつことが、生活はもちろん、場合によっては、命にも影響します。

何かご不明な点があれば、ぜひ、コメントをください。

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

    None Found

21 Responses to “生活保護でタクシーの通院移送費はでるのか。”

  1. 生活保護子(公開されたら困るので) より:

    初めまして、ためになる情報をありがとうございます。
    一昨年、統合失調症の息子を、今となっては自身がトラウマを持った悪医の下、根拠の無い「減薬」に取組10ヶ月後に悪化して「禁断症状に寄る暴力行為」に及び死ぬか生きるかのギリギリの1年を過ごして来ました。
    器物損壊に始まり、数ヶ月置かずに幻聴から来る他者からの攻撃を回避する積もりの5分10分の間に私自身が攻撃され「失明間際」「両足、腕の骨折」「アバラの骨折」と…命がらがら過ごして来ました。
    この様な経緯があり、私自身に認められていた移送日について…実際もタクシーを利用していて掛かっていた部分もあり息子の通院や別途、整骨院等は認められていない為、かなりの額の自腹での支払いも嵩んでいた1年でありましたが、今回…貼付したレシートに不正があると呼び出されて一筆書かされました。
    下記の様に包み隠さず書き、提出しましたが「弁済」の可能性や今後の移送費もあくまでも自宅から病院の経路だと限定され…透析の同日に当てていた整骨院から病院へと向かうのは出せないと言われました。
    整骨院と自宅の中間地点にある病院を通り越してまで、倍額の交通費と時間のロスを強いられる必要があるのかどうか…又、息子の病状から…昼間寝ていては夜は寝れなくなり、生活パターンを工夫しながら回復を願いつつ、最低限危害が及ばない様に過ごしていた訳ですが…先払いしていたタクシー代が全く出ないとなると生活自体が成り立たなくなります。
    手帳を引用して来ましたが、どこにも「自宅から」とは書いておらず、寝たきりでもあるまいし…只でさえ、週に3回も5時間近く留守にする訳ですから…精神的に不安定な息子に引きこもりの生活を強いる訳にも行かない現状があります。
    下記に、保護課に提出した文面を記しますので…弁済の有無の可能性を含めご意見頂ければ幸いです。
    「H27、7~H27、8初旬、移送費の請求の際に貼付したレシートは、実際には、1夏前に冷蔵庫が壊れたり、2生活を共にしている息子の病状が著しく悪化した事、に伴い途中下車の息子の同行がスムーズに行かない事が度々あり、予定外(実際に掛かるであろう金額よりも嵩む)の金額になってしまう事が多く、別件でも、担当のワーカーさんにより判断のラインが著しく異なる体験をしてきた事から、通院の路線内と言えど請求可能かどうかの判断が出来なかった為、通院後に利用した際の見合った(距離と金額)必要最低限のレシートを貼付しました。
    私個人の病状に加え、医者でもお手上げ状態で、著しく悪化した病状の(予測不能)息子と共に日々工夫をしながら生活をしている中で、寝たきりでは無いので、日々生活する中で、当然、出先から病院までの交通費が出るものだと認識していた。
    今まで一度もワーカーの方からの説明は無かったが、今回も「家から」と限定した文面は無く、お世話になっている私共と双方にとって、経済的かつ合理的な(当然、家から病院の距離を越えるべきでは無いが)方法であるべきだと思います。」

    • seikatuhogo より:

      コメントありがとうございます。まず、息子さんの病状がかなりひどいので、病院に相談して医療保護入院(親族の同意による入院です)するのがいいかと思われます。また、もしくは、息子さんを近くでもいいですから、単身生活にさせて、引っ越させるのも方法です。(ただし、医師が息子さんの単身生活を認めるかどうかがポイントです)病気療養上、転居が必要と医師が認めれば、転居費用がでます。 あと、移送費ですが、別に自宅からとは、なっていませんので、問題ないでしょう。整骨院については、まず、整形外科に受診して、そこの整形外科の医師の承認を得られれば、通うことができます。もちろん、通院交通費を支給することもできるはずです。タクシーについては、精神疾患であっても、医師が許可すれば、支給は可能です。ただ、担当者がなかなかいい顔しないのであれば、その上司とはなすのが、一番早いです。それでも、だめな場合は、自分の県庁にきくか、上級庁に訴える審査請求という方法もあります。とにかく、あきらめないでください。何かあれば、また、コメントしてみてください。

  2. 保護になって困惑より より:

    通院交通費について。都合により交通無料パスが交付されました。通院がたくさんあり保護の人に通院交通費が申請出来る事を知りました。無料パスが交付された時(日付)からは通院交通費は請求できなくなるのでしょうか?

    • seikatuhogo より:

      コメントありがとうございます。通院するにあたって、お金の負担がなければ、通院交通費は支給されません。生活保護において、いえることは、結構、知らなくてもらえる生活保護費をもらえていない人がいます。ぜひ、住んでいる市と電話番号を教えてくれれば、詳しく相談にのれます。結構、電話相談で、今まで、もらえなかった生活保護費がもらえて、生活が楽になったという声をききます。ぜひ、ご相談ください。場合によっては、市役所への同行もいたします。ただ、その場合、実費等がかかってしまうので、その費用はいただく形になります。(もちろん、低額で、1万円~2万円です。ケースにもよりますが) 生活保護のことは、知らないといろいろ損をし、生活が苦しくなります。例えば、眼鏡代が、毎月の生活保護費とは、別に支給されるのはご存知でしたでしょうか。そういうふうに、いろいろな費用が支給されます。早く、生活を楽にしましょう。

      • 保護になって困惑より より:

        電話相談させて頂きます。因みに何番におかけしたらいいのでしょうか?

        • seikatuhogo より:

          コメントありがとうございます。こちらに電話番号を教えてくれれば、大丈夫ですよ。それと、どこの市か教えてください。

  3. 知らないことがたくさん より:

    母子家庭で生活保護受給しています。

    子どもが高熱などで自力で歩けないような場合、夜間に病院に行くときのタクシー代は、自己負担ですか?

  4. 森下 より:

    生活保護を受けていますが病院まで大変でした。このような法律がある事は知りませんでした。市役所に問い合わせようと思います。

  5. 朋子 より:

    ご相談させてください。私は11月11日に形成外科にて皮膚の出来物を切除する手術をしました。
    手術をする前の注意事項に「人によって通常の麻酔がきかない場合があり、より強力な麻酔を使う場合があります。
    ですので当日は本人が運転する交通手段(自動車、自転車)で通院しないでください」と書かれていました。

    私はそれを読み、当日はきっちりとその指示に従いました。(タクシーで向かいました)
    タクシー代は市役所の方にいくつかの書類を提出すれば免除されると聞きました。

    そしてその提出書類の中に病院側から市役所に送る意見書?というものがあります。しばらく日にちが経過して市役所から私の方に電話がかかってきました。
    『意見書に書かれていた病院(医師)からの回答が「タクシーでの通院の必要なし」だった』そうです。驚きました、そしてわけがわからなかったです。

    事前の説明用紙でも確認しましたし、説明の役目を担った看護師の口からも確かに聞きました「当日は必ずバスやタクシーでお越しください」と。
    確かに結果的にはより強力な麻酔の使用はありませんでした。しかしそれを予測することは私はエスパーでもなんでもないので無理です。
    指示に従うのが無難でしょう。

    しかし意見書には「タクシーでの通院の必要なし」との回答が書かれていたそうです。この回答をされた場合、タクシー代は免除されず自腹となってしまうそうです。

    市役所からの電話を受け、私はすぐに病院へ電話をかけました。事情を説明し、新たに担当者が電話口に出ました。対応は実に冷たいものに感じました。
    「医師がそう判断を下したのならしょうがない」「当日の交通手段の指定が書かれた紙を市役所の人間に見せればいい」

    手術の事前説明が書かれた用紙はだいぶ日にちが経っしいたこともあり、とうに破棄してしまいました。

    担当者は最後に「市役所の方に電話をして色々と確認をするからあなたの担当の方の名前を教えてください」と言い、それに答え、通話は終わりました。
    私は医師の判断に納得がいきません。ただ指示に従っただけなのに、嘘つき呼ばわりされたようで大変気分を害しています。
    それとも今回の場合、私に落ち度があるのでしょうか?CWから連絡はまだありません。

    • 朋子 より:

      市役所から電話がきました。病院側は私にあくまでタクシーではなく『バスや電車での通院』を指定したつもりでいたようです。恐らく察しの悪い私にも非はあるのでしょうが、病院側にも説明不足な面があったように思えます。
      私は現在精神病を患っておりそういった交通手段を利用するのは難しいです。
      ですので精神科の先生にお願いして証明書?を書いていただき、病院のほうへ送っていただこうと思います。そうすればタクシー代も正式におりるようになるようなので。

      すみません。自己解決してしまいましたね。

  6. akirai より:

    事情が有り住民票は東京の八王子にありますが、保護費は埼玉の蓮田市から受給しています。八王子に来て2年に成ります。病院への通所代は貰っていません。市役所に電話すべきでしょうか?

  7. 調べつつ動いています より:

    生保を受給中です。

    身内が下肢麻痺で、医師にも”車椅子+オムツ+介護タクシー”の意見書を市役所へ出して頂いてます。
    ※下肢麻痺による排泄障害も若干あり、腎盂腎炎に掛かり、掛かり付け病院で手当てさせて頂きました。
    【2016年半ば頃、下肢麻痺を発症】

    ●現在、介護タクシーの「タクシー代」だけは認可されましたが、
    高額な方の介助費が不認可。
    (40歳になったばかりで、介護保険も不適用。)
    介護扶助にも該当せず、市役所の身体障害者支援に話し、身体障害者手帳取得の為の用紙を貰いました。
    ※これから、残りのMRIを撮り医師の判断を頂きます。

    ●在住県の社会福祉事務所にも相談しましたが、身障者手帳の事をCWへ相談するよう言われました。

    ・県(社会福祉事務所)→「CWへ相談」(生保の範囲内しかor手帳の方法しかなし)、
    ・CW→「医師からの診断書+身障者手帳の取得しかない」
    と言われ、現状…介護タクシーさんには2万近くの介助費を保留として頂いてます。

    CWの不定期訪問にも正直に応じ、目の前のベッド(健常者用)に側臥位している身内ともCWは話して、今の状況。
    (他、何か自分等に動きがあれば、直ぐにCWへ報告しています)

    生活保護の場合、今以上の手立てはないのでしょうか?

  8. 国にとっては他人事 より:

    前回UPさせて頂いた身障者手帳に纏わる「実話」。
    市役所の”身体障害者支援”に聞いたお話。

    例えば、今年1月に下肢麻痺発症。
    介護タクシーへ依頼利用して、身障者手帳に関連する、”国が指定した医師”に診察して頂く。
    ●1月〜様々に検査等をしながら5月にやっと原因が仮に見つかる。

    7月に手帳が発行されたとして…
    介護タクシー(通院費/介助費)※距離によっては介助費の方が高額
    *通院費は生活保護対象(利用した日まで遡り支払)

    ●問題の”介助費”は、利用開始日までの「遡り」が無く、
    (手帳の審査時間が掛かる事が解っていて…)
    通院しないと不味いことを認識の上で、タクシー業者に料金の保留、
    6月までのタクシー料金(回数が多ければ多いほど)生活扶助から地道に払って行くしかない。
    ーーーー
    【国としては”他人事”】
    国は、自身の足で歩けないことを審査書類で解った上で、
    審査に時間を掛けて、尚に…身障者手帳を発行されたとしても…
    介護タクシー利用開始日へ遡っての支給をしない。

    病と国のシステムを知れば知るほど…
    有識者や国も、結局は”他人事”だと怒りを覚える。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます
      制度がかたいので本当に正確な知識がないと大変なことになります
      動画をはじめたので参考にしてください

  9. 助けて下さい より:

    はじめまして。よろしくお願い致します。
    精神障害者手帳3級を持って生活保護を受けております。身体表現性障害と境界線パーソナリティ障害です。就労も作業所もドクターストップ中です。疼痛があり、日中もしんどい時はほぼ横になってます。八年目です。
    生活保護を貰って1年ちょっとです。貰う時に医師に申し出て審査してもらい、障害者手帳を取りました。たぶんそれ以前でも下りたとは思いますが、私も医師も言い出しませんでした。

    乗ってすぐに体調を崩すので出来れば公共交通機関を使いたくないです。
    通院がずっと隣の市の為に(保護費を貰う前から)貰う時に交渉してタクシーを使わせて貰う事になりました。それまでは車で通院しておりましたがもちろん車はもうないです。

    しかし、先日ケースワーカーが家まで来てタクシーを使っているのは私だけだからと止める用に言ってきました。制度が変わるからと。
    月に数回の買い物の時に循環バスに乗るのですが、それを「バス乗れるんですよね!?」と散々確認されました。作業所も手帳持って1年経つのだからもう行けと言われました。しんどくてその場で座りながら話をしました。バスに乗る前はなるべく安静にし、乗った次の日は寝込む要な有り様です。
    医師に確認しましたがまだ就労も作業所も無理だと。
    ポンポン責め立てる様に言われてもうしんどいです。
    どのように言えば病気を理解して貰えタクシーを認めて貰えるのでしょうか?
    乱文長文申し訳ございません。よろしくお願い致します。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。まず通院している医師の判断とそれに基づいて市役所が雇っている嘱託医の判断によります。 医師の判断についてはケースワーカーが聞き取りを行います。ケースワーカーが勝手に判断はできません。

      • 助けて下さい より:

        小川様ありがとうございます。
        主治医には話しました。まだ就労も作業所も無理だと。その診断が出ていると言いなさい、ケースワーカーから病院に電話して貰っても良いからと言ってもらえました。
        指定医の話がケースワーカーからぼんやりとしか出ず(○病院がありますとだけ)行けと言われていないので今、初めて知りました。とりあえず連休明けにケースワーカーには報告しようと思ってます。
        ありがとうございました。

        • 小川 友樹 より:

          コメントありがとうございます。
          生活保護制度は複雑化しており、市役所職員でも十分に理解していないことがよくあります。

          • 助けて下さい より:

            小川様ありがとうございました。
            とりあえず電話で現状を伝えられました。病院には電話は出来ないから私の申請で今回はわかりました、と。なるべく早くお世話から抜けられるように治療を頑張って行きます。
            ご丁寧に返信ありがとうございました。心強かったです。どうぞお体にお気を付けてこれからも頑張って下さい。

          • 小川 友樹 より:

            コメントありがとうございます。お体をご自愛ください。また、ブログや動画を参考にしていただき、ご不明な点はコメントをください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ