生活保護で病院へ行くのは、恥ずかしいのか

皆さん、こんにちは。円高が進み、株安がおきました。アベノミクスの1丁目 1番地である円安、株高が崩壊しつつあります。結局、3年半経過し、生活は、よくなるどころか、賃金は上がらず、かつての安売りセールも減り、庶民の暮らしは、厳しくなっています。アベノミクスは、円安によって、一時的に株成金を作り、輸出を中心とした大企業が恩恵をうけ、円安によって、外国人がたくさん日本にきて、デパートなどで、いろいろなものを買ってもらい、一時的に関連する企業がうるおっただけです。ところで、生活保護で、病院へいくのは、恥ずかしいのか。

スポンサードリンク



生活保護で病院へ行くのは、恥ずかしく感じてしまうのか?

PASONA_11_TP_Vところで、アベノミクスは、庶民に、何ももたらしませんでした。円安は、アメリカのドル安政策への転換で、円高によぎなくされ、そのため、株安になっています。そして、円安の恩恵を受けていた企業業績も悪化し、円安により、訪日外国人も減り、日本での消費もかなり減りました。そんな状況で、まだ、新幹線などの公共事業を行って、福祉予算を削り、消費税は、延期といって、ごまかし、いずれ増税は行われます。庶民の誰もアベノミクスでくらしがよくなった、あるいは、福祉で助かったという人はいないでしょう。ようするに、アベノミクスとは、金持ちのための金持ちによる政策だったのです。経団連とくんで、法人税の税率の引き下げに走り、消費税の増税の布石はうちました。また、中国の脅威を理由に防衛費を大幅に増額しました。確かに中国は、領海を侵していますが、別に防衛費をただ、増やしても、何も効果はないでしょう。かつての日本がアメリカに対抗しようとして、建艦競争に走り、国民のくらしは、破壊され、外交的にも失敗し、最終的には、アメリカとの戦争に突入し、日本は、焼け野原になり、200万人もの死傷者を出すはめになりました。

現代においても格差は、広がり続けています。何しろ、安倍政権が選挙に勝利し、格差拡大の元凶であるアベノミクスを推進しているのだから当たり前の結果です。とうとう、安倍政権は、経団連を通じ、大企業の企業献金を再開しています。そして、とうとう、共産党を抜き、日本で一番、お金を持っている政党になりました。これでは、アベノミクスは、大企業を太らせ、そして、その大企業から自民党が献金をもらい、自民党が肥え太っていくというとんでもない構図になっているのです。そして、福祉の負担、もしくは、削減は加速しています。

ところで、生活保護で病院へいくのは、恥ずかしく感じてしまうのでしょうか。生活保護で病院へ受診すると、国民健康保険証がないので、医療券というものを見せなくてはいけません。そのため、周りに生活保護受給者だと分かってしまうことが恥ずかしく感じてしまうところではないでしょうか。実際には、個人のプライバシーに関わることなので、病院は、気をつかわなくてはいけないのですが、実際には、あまり、気をつかっていないのが、現実です。

生活保護で病院へいくことは、恥ずかしいことではありません

生活保護を受けていて、病院へいくことは、恥ずかしいことでも何でもありません。確かに、医療費が無料のため、国民健康保険や社会保険に加入している人からすれば、3割負担ですから、俺たちは、負担するのに、なんで、彼らは、ただなんだという感情論がどうしてもあります。しかし、庶民同士がいがみあっても何の意味もありません。一番の原因は、こうした問題に取り組む政治家がいないことです。どの政党もピントはずれな主張や党利党略ばかり行っております。投票率が下がるのも当たり前です。そもそも、選びたい政治家がいないのですから。

さて、話は、戻りますが、生活保護で病院へいくことについて、恥ずかしいと思わない方法として、医療券を市役所から病院へ送ってもらう方法があります。ただ、これをしてくれる市役所としてくれない市役所とありますので、注意してください。基本的には、病院へ受診する場合は、医療券を持参するのが、原則だからです。ここのところは、政治家が市役所や厚生労働省に働きかけをすればいいわけです。しかし、誰も、このことを働きかけていません。政治家が仕事をしていないんです。これでは、選挙の時だけ立派なことは、いうけど、所詮は、嘘つき呼ばわりされても仕方ないでしょう。

スポンサードリンク

生活保護で病院へいくことは、恥ずかしいと思う必要はありません。

生活保護を受けている人が、病院へ受診するときには、医療券を提示しなくてはいけないので、その瞬間に恥ずかしさを感じてしまうわけです。病院側も特に配慮してくれません。本来は、配慮しなくてはいけないのですが、実際には、まったく、配慮していないのが実情でしょう。いい加減なはなしです。病院は、医療費は市役所から確実にもらっているくせにプライバシーに対する配慮は、何もしていません。政治も病院もふざけているわけです。怒りすら感じます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。生活保護を受けていて、病院へ行くことは、何も恥ずかしいことではありません。気にしなくてかまいません。確かに精神疾患の方は、いろいろ考えてしまうと思います。そもそも、政治がおかしいから、こんなことで、悩むことになるのです。選挙の時だけ、口裏のいいことをいい、いざ、選挙が終わったら、選挙の時に演説していなかったことをどさくさの中でやってしまうのが政治です。特に日本はその傾向が強いです。特定秘密保護法案、安保法案など選挙の時になにもしゅちょうしていなかったことを選挙で勝ってしまえば、数の力で、押し切ってしまうのです。生活保護費も訳の分からない基準で引き下げました。

はっきりいって、恐ろしい政権です。報道では、官邸1強などといわれていますが、やっていることが正しいのならいいのですが、実際には、金持ち優遇の政策ばかり行われているので、庶民にとって、これほどの悲劇はありません。そして、とうとう、円安時代がおわり、円安の恩恵を受けていた企業の業績も厳しくなります。そうなると、当然、その企業の下請けにすべてを押し付けます。しかし、そのことを政権与党も有力野党も取り上げようとしません。どうしようもない政治家連中です。犠牲者は、結局、つつましく生活している庶民になります。

生活保護の制度は、複雑です。これから、生活に困って生活保護の申請をしようと考えている人は、ぜひ、サポートいたしますので、コメントをください。例えば、私の場合は、生活保護をうけられないんじゃないかとかで、悩んでいる人は、ぜひ、ご相談ください。結構、生活保護について、勘違いしている方々が多いのが事実です。一つの例をあげれば、自分は、若くて、健康だから生活保護を受けることはできないだろうと考えている人がよくいますが、そんなことはありません。市役所へ相談にいって、若いんだから、仕事あるでしょみたいなことをいわれて、帰されたという人も結構、いるみたいです。はっきりいって、これは大嘘です。お金がなければ、生活保護は受けることがたいていできます。

皆さん、だまされないでください。生活保護制度は、とにかく、複雑ですが、救済制度としては、それなりには、しっかりしています。ただ、問題は、この制度をきちんと生かしていくことです。そのためにも、一人で悩まないでください。コメントをお待ちしています。生活に苦しいと精神的にも不安になっていきます。ぜひ、すぐにでもご相談をしてください。

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

    None Found

10 Responses to “生活保護で病院へ行くのは、恥ずかしいのか”

  1. ども より:

    久々拝読です^^

     こちらのサイトの運営さんのお陰様で、本当に知らぬことでも、知ることが出来ております。
    ありがとう。

     で、生保での受診の恥ずかしさ。
    主様の仰る通りなんですけどね^^;

    私自身、
    『保険証を~』『受給者証を~』と二通り、会いましたよw
    知る限り… 大きい病院ほど、受給者証と呼ばれますね(苦w

    プライバシーというより、世間での生活保護の認識のされ方と、本人達の現状立場を理解していないのが現実かと思います。
    自身も、世間での見られ方を存じていますので、院内で『受給者証を~』なんて言われた際には、病院のレベルを疑います。
    ※病院は”守秘義務”というものがありますからね。

    また、世間では『生保?イイ立場だよなぁ~。ま、養ってやってんだから感謝しろよw』なんて言う人もいますが^^;

    本当にどーしようもなくなる人は、中流以下なら、誰でもなり得ると思います。
    ※”明日は我が身”ってやつですね(苦w

    また、とあるサイトでは…
    『生保は人(他人)のお金じゃない。自分のお金です。
    それまでに、働いて税金納めていたんだから。
    「人のお金だ!」と言うなら、介護保険なんて、ご利用者は皆…40歳以上に生かされているという話になります』と。

    心が救われます。※自身、ヘルパーも持ってます

    …で、主さん。
    作って欲しい項目とか?何処で申し出すれば宜しいのでしょう?

    • seikatuhogo より:

      このコメント欄に書いていただければ、大丈夫です
      今後、動画も行うので、ぜひ、参考にしてください

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます
      コメントで、教えてくだされば、作成します
      ぜひ、コメントしてください
      また動画もありますのでぜひ参考にして下さい

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。
      このコメントで教えてくだされば、そのテーマで作ります。
      また動画もありますので参考にしてください。
      ブログの中にあります。

  2. ひじり より:

    初めまして。いつも拝見させていただいています。
    youtubeで、通院交通費についての動画を見ました。
    私も保護を受けているのですが、交通費は出ない、と言われています。だから、受診は市内の病院にしてくれと言うのです。精神科に通院していますが、地元にいい病院がないため、電車で20分の場所にある病院に通院しています。交通費が支給されれば、本当に助かります。市に対して、どう申し立てをすればいいのでしょうか。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます
      通院交通費は支給されます
      原則市内の病院ですが、生活保護者の意に反してはならないとなっているので絶対にだめというわけではありません 生活保護手帳に書いてあるといえばいいと思います よろしければ私のほうからいってもかまいません 奈良市できちんと通院交通費が支給されなくて問題になりました
      また、動画をあげますのでごらんください
      公務員の親が平然と生活保護を受けていることには目をつむりふざけてますね そのケースワーカーは問題です

      • ひじり より:

        ありがとうございます。
        詳細をお伝えすることは、コメント欄では難しいのですが、メールでのやり取りはできないでしょうか?
        よろしくお願いします。

        • 小川 友樹 より:

          了解しました

          • ひじり より:

            交通費を申請できることはわかりました。
            ただ、気になるのは、病院を選ぶ自由がなくなりはしないかということです。知り合いから聞いた評判のいい歯科医院は電車で30分ほどのところにあります。近くに適当な歯科医院がないため、仕方なく通院していますが、市役所の方から、なぜ、そんなに離れたところに通わなければいけないのか、近いところに転院できないか、と言われます。近くにいい歯科があれば、私もわざわざ遠出はしませんが。通院費さえこちらで負担すればうるさくはいいません。しかし、通院費を出してもらう場合、かなり指導が入ると予想されます。通院費を出す代わりに、病院は自由に選べません、というのは嫌ですし。ごり押しして、仮に支給してもらえるとしても、ケースワーカーとの関係が悪化して、険悪になるのも嫌だと思ったりします。
            そうであれば、交通費を自己負担する代わりに、病院は自由に選ばせてもらおうとも思います。
            どう思われますか?
            また、極端なことをお聞きしますが、県外、遠方はどれくらいまで通院費は支給されるのでしょうか?さすがに限度があると思うのですが。

          • 小川 友樹 より:

            コメントありがとうございます。
            原則病院は管内なので管外の病院へ通院する場合はその病院でないと治療できない場合出なければ問題ありません。ある例で千葉県のある市で保護を受けていた人が治療できる病院が茨城県しかないため茨城県に通院していて通院交通費も支給されました。
            その後千葉県に治療できる病院ができたのでその病院に変えました。もちろん以前の病院の医師に確認しました。 このような例であれば問題ありません。。 また生活保護行政をするにあたって参考にする書物によれば病院を決めるにあたって生活保護受給者の意に反してはならないとされています。なんでもケースワーカーのいうことをきかなければならないということではありません。また何かご疑問点があればお願いします。
            動画をはじめたので参考にしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ