生活保護で猫を飼育できるのか

皆さん、こんにちは。世界は、物騒で、日本の景気も一部の円安企業や大企業を除けば、よくありません。結局、今の政治は、国民のほうをみておらず、大企業やそのお偉方のほうばかり、向いている政治ばかりしているといっていいでしょう。はっきり言って、最悪の状態です。最大の原因は、与党をきちんとチェックできない野党の責任です。これでは、世の中に幻滅してしまうのも無理がないといえるでしょう。

スポンサードリンク



ところで、生活保護を受けている状況で猫の飼育はできるのでしょうか。

生活保護の受給と猫の飼育は関係ない

6adb9b83ef9f5ebb117aa7e58c5aa761_sなんか、生活保護を受けていると、いろいろな制約があって、あれもしてはいけないんだとか、いや、これもしてはいけないんだとか、いろいろ考えてしまう人がいると思います。それでは、生活保護を受けていると猫を飼育しては、いけないのでしょうか。そんなことは、ありません。猫に限らず、犬でも問題ありません。例えば、精神的な病気を抱えている人は、精神的な支えとして、ペットを飼うことは、よくあります。そもそも、生活保護を受けている人で、ペットを飼育している人は、結構います。意外と思うかもしれませんが、それが現実です。

一応、生活保護法第60条では、生活保護を受けている人は、常に、能力に応じて、勤労に励み、自ら、健康の保持及び増進に努め、収入、支出、その他、生計の状況をきちんと把握するとともに、支出の節約をはかり、その他生活の維持及び向上につとめなければならないとなっています。それでは、ペットを飼育すること、猫を飼育することは、いけないことなのでしょうか。生活保護費の範囲内で猫を飼育できるのであれば、全く、問題ありません。猫を飼育することなどは、現代において、贅沢でもなんでもありません。だから、生活保護を受けていても、猫を飼育することは、何ら問題ありません。

むしろ、精神疾患を患っている人の場合、むしろ、猫を飼育することで、精神的な安定を図れるのであれば、それは、むしろ、好ましいことです。実際に精神的な病気を抱えている人は、猫を飼育する傾向にあります。

スポンサードリンク



生活保護を受けていると猫の飼育は贅沢なの?

全く、そんなことありません。たまに、こういうことをいう人がいるかもしれませんが、全くの間違いです。自信をもってといったら、変ですが、気にすることはありません。無理に堂々とする必要はありませんが、普通にしてください。変な誤解をする必要はありません。生活保護で、猫を飼育することは、何も悪くありません。もりろん、猫を飼育することで、他人に迷惑をかけていたら、それは、生活保護と関係なく、問題です。それは、改善していきましょう。普通にきちんと猫を飼育する分には、全く問題ありません。気にしている人は、勇気を持ってください。

何となく、世間では、生活保護を受けながら、ペットを飼う、猫や犬を飼うなんて贅沢だなどという人がいます。そのようなことは、全く気にする必要はありません。実際に生活保護を受けながら、猫を飼育している人はたくさんいます。ペットを飼うことと、生活保護とは関係ありません。そのことを結びつけるほうがおかしいのです。世間には、いろいろな人がいて、変な偏見をもっている人がいます。確かに、精神疾患を患っている人は、気にしてしまうかもしれませんが、気にしてしまうだけ損です。とにかく、生活保護を受けながら、猫を飼育している人がたくさんいるんだということを頭に置いといてください。つまり、猫を飼育することは、贅沢でもなんでもありません。気にしないでください。もちろん、生活保護費の範囲内で猫を飼育することが条件です。もっとも、猫なら、それほどお金はかからないでしょう。お金がかかるとすれば、犬のほうでしょう。ただ、犬を飼育している生活保護受給者もたくさんいます。ですから、猫を飼育している生活保護を受けている人など山ほどいますので、何の心配もいりません。

生活保護受給者は、よく猫を飼育している?

そのとおりです。生活保護を受けている人は、猫をよく飼育しています。精神的な病気を持っている人が精神の安定のために猫を飼育するのはよくあります。また、高齢者の一人暮らしが、寂しさをまぎらわすためや、ボケ防止のため、猫を飼育するケースもあります。そもそも、現代は、生活保護は関係なく、ペットブームです。特に犬や猫を飼育する人はたくさんいます。やはり、人生が物質的には、昔に比べて、いくらか豊かになったけれども、何かさびしいものがあり、簡潔にいえば、現代人は、人生があまり楽しくないんではないでしょうか。そんなことはない、と反論する人もいるでしょうが、やはり、現代の生活保護を受けている人も含めて、猫を飼育する人が増えているというのは、そういった背景があるのかもしれません。

また、猫の飼育は、生活保護を受けている人にとって、お金がかからないのがよいのではないかと思います。その点、犬はいろいろお金がかかってしまいます。その点からも猫の飼育は、生活保護を受けている人からして、魅力的なペットなのかもしれません。だから、生活保護を受けている人は、猫を飼育するのだといえるでしょう。

ですから、生活保護を受けながら、猫を飼育することは、何ら問題ありません。周りで何かいう人がいても気にする必要がありません。もちろん、生活保護を受けることによって、お金を得て、生活の安定を築くことは、大事です。しかし、人間、それだけではありません。やはり、人生の楽しみ、心の安定という点からも、猫の飼育といったペットを飼育することによって、精神的に安定し、幸福感を味わうこともまた、重要といわざるをえません。猫を飼育することが贅沢だなどという考え方は、とんでもない考えであり、このような考え方は、無視すべきでしょう。猫を飼育することは、贅沢などでは、決してありません。皆さん、自信をもちましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。生活保護における猫の飼育というものがどのようなものか、ご理解いただけたでしょうか。結論からいえば、周りがなんといおうが、気にすることはありません。注意すべき点は、生活保護費の範囲内でおこなってほしいということです。また、ペット不可の物件は、気をつけてください。最近は、ペットブームということもあり、ペット可という物件も増えています。猫を飼育することは、本当にいやされます。いろいろな不安が少しでも解消されていきます。そして、寂しさもかなりまぎらわせます。これは、大切なことです。とかく、生活保護を一人で受けている単身世帯の方は、かなり寂しくなることがあります。そんなとき、猫を飼育しているのとしてないのとでは、大きな違いがでてきます。

何か御不明な点などがありましたら、どんどんコメントをください。一人で悩んでしまっても、なかなか解決できません。まさに、聞くは一時の恥、聞かずは、末代までの恥です。遠慮はいりません。些細なことでもかまいません。ちょっとしたこと、なんでもないことでも、何かひっかかることがあれば、どんどん聞いてください。

そして、生活保護制度の知識を高めていってください。この制度は、複雑ですので、回りのちょっとした偏見で、傷ついたりすることがあります。しかし、きちんとした知識を身につければ、何もきにすることはありません。そのためにも、疑問点を解消して、どんどん、質問していきましょう。

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

    None Found

11 Responses to “生活保護で猫を飼育できるのか”

  1. わさび より:

    私は、生活保護受給者です。
    現在、ペット禁止の賃貸で猫を飼ってしまっていて、家庭訪問を拒否し続けているのですが生活保護切ら

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。
      訪問拒否は生活保護がいきなり打ち切りにはなりませんが打ち切り理由にはなるので気をつけてください。

  2. ねこ より:

    コメント失礼します。

    現在実家に住んでいるのですが、様々な事情があり、世帯分離後、1人世帯で生活保護を申請しようと考えています。(精神障害者手帳1級、障害年金申請中、隔週で通院中、無職)

    まさに記事で書かれている通り、ネコと暮らしたいと考えています。もちろん生活保護費の範囲内で大切に育てます。

    現在物件を探しているのですが、ペット可で生活保護の家賃上限42,000円(?)以下のものが中々見つかりません。(部屋の面積によっても上限が異なるという記事も見ました)

    ネコと暮らすために、物件の希望条件は減らすしか方法はないのでしょうか?

    長文になってしまい、また、コメント内容に失礼などがありましたら申し訳ありません。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。
      確かにペット可で生活保護の基準内で探すのは大変ですが逆に生活保護の方を大歓迎している不動産屋もあります。ブログの広告の中にも不動産屋の宣伝がたまにみかけます。

  3. ナカヤ より:

    こんばんは 病院変更は可能ですか? 助けてください

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。
      原則として同じ病気で病院の変更はできません。
      ただし治療上必要であれば変更はできます。まったくできないわけではありません。

  4. ナカヤ より:

    こんにちは 中谷です 08058625000ですよろしくお願いします

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ