生活保護で、歯医者で、入れ歯やブリッジを入れるのは可能なのか。

皆さん、こんにちは。世界経済は、イギリスのEU(ヨーロッパ)らの離脱で、大変なことになっています。しかし、政府は、何もしてくれません。相変わらず、アベノミクスを進めるなどとわけの分からないことをいっています。あのお金に汚い舛添知事がようやく辞めました。辞めるのが遅いため、参議院選挙と都知事選挙が一緒にできないため、50億円の費用が選挙にかかるそうです。まったく、ふざけた話です。退職金ももらうようです。ところで、生活保護で、歯医者で、入れ歯やブリッジを入れる治療をするのは、可能なのでしょうか。

スポンサードリンク

生活保護を受けている人が、歯医者で、入れ歯やブリッジを入れるとお金がかかってしまうのか心配です?

生活保護を受けている人は、医療費は無料です。現在、医療費は、3割負担で、高齢者の中でも、高齢の人、いわゆる後期高齢者といわれている人達ですが、この人達は、自己負担が1割負担です。しかし、いずれ、2割負担になるでしょう。政府は、社会保障予算が足りないといって、国民の負担を増やそうと躍起になっています。わけのわからない新幹線をつくったり、防衛予算は、異常に増やしているのに、意味がわかりません。安倍首相は、基本的にタカ派で、自民党の利権を守ろうとしているのですから、国民のほうは、みていません。

ところで、生活保護を受けている人が、歯医者で、入れ歯やブリッジを入れることは、可能なのでしょうか。 基本的に国民健康保険に加入している場合で、国民健康保険適用となる治療行為は、生活保護においても無料になります。ポイントは、ここです。だから、入れ歯でも、国民健康保険適用にならないようないい入れ歯は、生活保護で、入れることはできません。そのため、あまり、いい入れ歯をいれることができないケースもあります。最近は、かなり、技術が発達したようですが、それでも、なかなかあわない入れ歯を入れるしかないケースもあるようです。あと、現実的な問題として、歯医者の腕というか、技術にもよりますので、よく選んだほうがいいです。生活保護の場合、やたらに病院をかえることができないからです。くれぐれも注意して、歯医者を選んでください。また、歯医者は、生活保護の人の治療を行わないところも結構あります。生活保護の人の治療をできる病院は、生活保護の指定病院しかできません。

スポンサードリンク

生活保護で、歯医者における入れ歯やブリッジについて、注意しなくてはいけないことは、どんなことでしょうか。

生活保護で、高齢者の人は、当然、入れ歯をいれることは、よくあることだと思います。また、高齢者の人に限らず、若い人でもブリッジを入れることがあると思います。この点で注意することは、国民健康保険に加入している人の場合に、国民健康保険の適用となる治療行為が、生活保護における治療の対象になります。よく、歯医者と相談してください。そうしないと、大変なことになります。なぜならば、生活保護の場合、病院を理由なく、かえることができなからです。本当に注意してください。高齢者の人にとって、入れ歯は、重要なものです。ですから、その入れ歯が、国民健康保険の場合に、国民健康保険の適用になるのか、しっかりきく必要があります。はっきりいって、市役所は、親切に教えてくれません。生活保護の細かいところまでは、きちんと教えてくれないのが、市役所の職員です。はっきりいって、いかに仕事をさぼろうとしているかを考えている人達といってもいいでしょう。

ただ、医療費が無料というのは、この時代においては、ありがたいことです。あまり、ひんぱんに無料だからといって、通院してしまいますと、目をつけられてしまいますので、気をつけてください。おそらく、あんまり、病院へ通院しすぎると、市役所の職員から注意されることがあります。しかし、きちんとした理由があれば、大丈夫です。そのへんの理由については、病院の医師にきいてください。基本的に、医師の判断になります。特に、入れ歯やブリッジは、市役所の職員も結構、こまかく、みていく傾向があります。よく、注意してください。

スポンサードリンク

生活保護における歯医者での入れ歯やブリッジを使う場合、気になることはあるのか。

誰でも、年をとれば、入れ歯をいれる人が多いですが、特に、生活保護を受けている人は、入れ歯をいれる人が多いような感じがします。別にそれは、何も悪いことでは、ありません。生活が厳しくて、栄養がうまくいかないと、当然、歯が悪くなる可能性が高くなります。だから、この歯医者における入れ歯を入れることは、大変、重要なことなのです。ブリッジも同様です。このへんのところで、困っている人は、ぜひ、コメントをください。全く、遠慮は、いりません。しっかりと状況を把握したうえで、どうするのかが、一番、いいのかが大切です。金持ちは、お金があることをいいことに、いい入れ歯を平然と歯医者から買っています。本当にふざけた話です。イギリスの民衆が、安い給料で働かせられて、EUに反対するのもわかる気がします。結局、EUから離脱すると、経済が大変になるだとか、いっていますが、確かに、一時的に為替や株式市場は、大混乱しました。しかし、仮にEUに残ったとしても、結局、民衆はいいように経営者に使われるだけなのです。そのことについにイギリス国民が気づいたということです。物知り顔した評論家のいうことなどあてになりません。彼らは、さんざん、なんだかんだいって、イギリス国民は、残留という現状を支持するといっていたのですが、結局、まったく逆の結果になりました。ですから、皆さんも役所のいうことをまったく、信用するなとは、いいませんが、よくご自分で、調べることが必要です。ぜひ、このブログを使ってください。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。生活保護における歯医者での入れ歯やブリッジを使う場合について、ご理解いただけたでしょうか。何かあれば、コメントをください。遠慮はいりません。疑問点は、自分で、かかえることなく、どんどんコメントをお願いします。聞くはいっときの恥、きかずは、末代までの恥です。コメントをお待ちぢております。

なお、生活保護を受けている人について、電話によるサポートを行っております。どんな内容でも結構です。例えば、市役所のケースワーカーにこんなことをいわれてこまっているとか、何でもけっこうです。生活保護は、知らないと損をすることが非常に多いです。ぜひ、この電話サポートを利用してください。住んでいる市と電話番号を教えてください。ただ、サポート期間は、1年間で、年会費として、1万円だけいただきます。このサポートを利用すれば、今まで、本当は、もらえた生活保護費がもらえるようになったとのこちらとしては、ありがたいお言葉をいただいております。ぜひ、ご利用してください。必ず、いろいろなことが解決し、場合によっては、皆様のご了承がいただければ、全力で、相手の市役所とも交渉いたします。ぜひ、ご利用してください。また、これから、生活保護の申請を考えている人についても電話サポートを行っております。

生活保護の制度は、市役所が一番、いい加減で、結構、ごまかすことが多い制度です。知らないと市役所にいいようにされてしまいます。生活も苦しい状態がつづいてしまうことになります。相談していただければ、必ず、生活が改善され、安心して、生活を行うことが可能となります。ぜひ、よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

関連記事はこちら!

    None Found

4 Responses to “生活保護で、歯医者で、入れ歯やブリッジを入れるのは可能なのか。”

  1. 加藤 路得子 より:

    いつも参考にしていただいております。今回、電話サポートを受けたいため、コメントしました。かなり困っているので、一万円でも解決出来るのならお願いします。月末になり、受給日が迫っている為、至急ご連絡頂けないでしょうか?よろしくお願いします。

  2. 加藤 路得子 より:

    先ほど、電話サポートを受けたいとコメントした者です。あせってしまい書き忘れました。北九州市門司区で保護を受けています。連絡先は、080-6406-1952です。とても困っているので、一万円払ってでも解決したいです。ご連絡よろしくお願いします。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。
      いそいで連絡します。 もし何か前提知識があったほうがよいのであればコメントをください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ