生活保護費が足りない場合はどうすればよいのか。

皆さん、こんにちは。いま、生活保護に対しては、逆風がふきまくっています。しかし、そんな状況だからこそ、しっかりとした生活保護の知識を身につけていきましょう。そうしないと、はっきりいって、損をすること間違いありません。ところで、皆さんが、毎月、もらう生活保護費が足りない場合は、どうすればいいのでしょうか。もちろん、方法はあります。ここのところも、知っていると知らないでは、生活が全く違ってきます。

スポンサードリンク



生活保護費が足りない場合の救済策とは?

生活保護 支給日 東京生活保護費は、毎月、きちんと決まった金額が支給されます。しかし、人間の生活は、必ずしも、毎月の支出が、いつも同じというわけにはいきません。当然、急な出費もあるでしょう。例えば、洗濯機のような、生活費必需品が壊れてしまったとか、そういった場合です。もし、生活保護費が足りない場合、今月のお金が足りなくなってしまい、食費にことかくようになってしまった場合、どのようにすれば、いいのでしょうか。

一つの方法として、まず、市役所の生活保護の担当者にその旨をいい、臨時の貸付制度を受ける方法があります。たいていは、社会福祉協議会というところがあり、そこがお金をかしてくれます。そして、次の生活保護費が支給される時に、その借りたお金を返済します。そうすれば、大丈夫です。ただ、かしてくれる金額は、その地域の社会福祉協議会によっても違います。だいたい、一人あたり、1日で、500円~700円くらいのようです。ずいぶん少ない気がしますが、それが現実です。だから、多くは期待できません。また、あまり多く借りてしまっても、結局、翌月の生活保護費で返済するのですから、今度は、翌月の生活に影響していきます。ただ、この社会福祉協議会の貸付には、利息がありません。それは、サラ金などとは違うので、ありがたいです。

また、最近では、暑くて、クーラーを購入したいのだが、生活保護費が足りない場合、どうしても購入できない時に、社会福祉協議会で貸し付けてくれる制度があるところが、あります。このへんは、知っておくといいでしょう。知らないで、生活保護費が足りない場合に、クーラーが購入できずに、熱中症にかかってしまうというのでは、シャレになりません。しっかりとこの制度を利用するといいと思います。

スポンサードリンク



生活保護費が足りない場合というのは、市役所にはいい顔されない?

ところで、毎月、支給される生活保護費が足りない場合に、市役所の担当者にお金が足りないので、なんとかならないかと相談すると嫌な顔をされます。なぜかといえば、そもそも毎月に、支給される生活保護費で、生活保護受給者は生活していかなくてはならないものだからです。生活保護法第60条でも、生活保護費は支出の節約をしてきちんと生活しなくてはいけないとなっています。つまり、生活保護費が足りない場合がおきてしまうというのは、この生活保護法第60条が守られていないという事になります。つまり、この生活保護受給者は、金銭管理ができないんだなと思われてしまいます。金銭管理ができていないというレッテルをはられてしまいますと、居宅生活の継続が大丈夫かどうかという判断のはなしになってしまう可能性があります。

市役所の居宅生活ができると認められる場合の判断の視点で、最初にあげられるのが、金銭管理です。この金銭管理とは、計画的な金銭の消費ができるかという事です。つまり、いつも、生活保護費が足りない場合に、社会福祉協議会に借りていると、この金銭管理が問題となります。そのため、あまり利用することはお勧めできません。しかし、急な出費で、生活保護費が足りない場合は、その事情を市役所の担当者に説明して、社会福祉協議会に借りるほうがいいでしょう。しょっちゅう、生活保護費が足りない場合になってしまい、社会福祉協議会にお世話になってしまうのでなければ、問題ないでしょう。

また、クーラーを購入するために、社会福祉協議会に貸付を受けるのは、問題ないとおもわれます。この制度は、どんどん活用しましょう。熱中症になってからでは、遅いですからね。ただ、最近では備え付けのクーラーがある物件も多いので、もし、転居する場合は、こういった物件に住むのも一つの方法でしょう。

生活保護費が足りない場合を防ぐには、まず、もらえる生活保護費をもらう事

毎月の生活保護費が足りないというケースに、きちんとまらえる生活保護費をもらっているかどうかという事があります。例えば、生活保護費の中に、通院交通費というのがあります。これは、文字通り病院へ通院した時に支給される生活保護費です。市役所に言えば、すぐに、通院交通費を支給してもらうための書類がもらえるでしょう。病院への通院が月4日として、片道200円かかるとします。そうすれば、毎月、1600円かかるわけです。年にすれば、19,200円です。結構、ばかになりません。

また、アパートの更新料も支給されます。(もちろん、上限はありますが) この費用のなかに、火災保険料、保証料もふくまれます。これで、数万円以上は支給されます。また、病気の方は、障害をお持ちの方は、身体障害者手帳もしくは、精神保健福祉手帳を持つ事をおすすめいたします。こういった手帳をもてば、生活保護費を増やす事が可能になります。身体障害者手帳1級及び2級、精神保健福祉手帳1級をお持ちであれば、持っている旨を市役所に申告すれば、約2万円以上の生活保護費が増えます。また、身体障害者手帳3級、精神保健福祉手帳2級をお持ちであれば、持っている旨を市役所に申告すれば、約1万5千円の生活保護費が支給されます。このようにちょっとした制度の利用で、生活保護費が増えるのです。また、身体障害者手帳及び精神保健福祉手帳を取得する際の診断書の料金も生活保護費から支給されます。(もちろん、上限はありますが) だから、診断書のお金がかかるから、手帳なんてもらわなくていいやとか、手続きが面倒くさいからいいやなどと思っていると、せっかく、もらえる生活保護費がもらえずに、結果として、毎月の生活保護費が足りない場合が生じてしまうことになります。はっきりいって、もったいないです。

また、仕事が決まったとしても、保育園に入所するのにお金がかかってしまって、大変だという人もいるかと思われます。しかし、こういった費用は仕事をしてはいった収入の必要経費として認められます。こういった事も知らないとなかなか仕事にもつけません。しっかりとした知識が必要です。

また、高齢者の親が入院している方はも、きちんとした知識がないと損をします。先程も説明しましたが、身体及び精神の手帳を持っていれば、等級にもよりますが、生活保護費が加算され、入院の費用の支払いが足りないという事態を防ぐ事ができます。紙おむつを使用している人は、毎月、約2万円が支給されます。このあたりは、重要な知識です。知らないと、いつも、生活保護費が足りない場合が生じてしまいます。また、入院患者は、社会福祉協議会で借りる事もできません。

まとめ

いずれにしても、生活保護でもらえるお金をきちんと把握しておかないと、生活保護費が足りない場合が生じてしまいます。きちんとした知識をみにつける事が必要です。よく、このブログを参考にしてください。いろいろな生活保護費がもらえること、こんな制度があるんだとびっくりすることもあるとおもいます。何か、疑問点等、あったらぜひコメントをお願いいたします

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

    None Found

33 Responses to “生活保護費が足りない場合はどうすればよいのか。”

  1. ことり より:

    はじめまして。

    お伺いしたいことが有りましてコメントさせていただきました。

    私は現在クレジットカードを所持している生活保護者なのですが、
    保護を受ける以前からあった支払いがなかなか完済できず
    生活費をまたカード払いしてしまうと言う悪循環を繰り返してしまいます。
    今回こちらの記事を拝読させていただき、臨時でお金を貸していただける制度があるのを知りました。

    そこで質問なのですが、クレジットカードの返済目的でも臨時貸付制度を利用することが可能なのでしょうか?

    お恥ずかしながら現在カード会社への支払い額が4万円を超えていて、新たな生活費をカード払いにしている様な、自転車操業状態で残額が減らずに困っています。
    それでも足らない月があるので、キャッシングに頼る月もあります。

    私の勝手な考えでは、貸付制度でカード会社へ全額返済し、毎月の支払額を減らして確実に借入金を返済したいと思っています。

    こういった理由で貸付制度を利用することが可能でしょうか?
    ケースワーカーさんへ相談すれば良いことなのでしょうが、生活保護を受けているという罪悪感から相談事をするのが怖くて申し訳なくて躊躇してしまい、こちらで何かしらヒントを貰えないかと思いました。

    何卒よろしくお願い申し上げます。

  2. 現在受給者 より:

    タイトルの「生活保護費が足りない場合はどうすればよいのか。」と少し違うんですけど、質問させてください。

    状況は、CW(もしくは決裁者)の収入認定・経費認定の算定において、こちらが申請した額より1~2万円少なく決定がおりました。要は「申請した額より生活保護費が少ない」といったケースです。

    こちらの算定方法と行政側の算定方法を相互に話して提示しあい、行政側にミス(瑕疵)があれば、直ちに決定取り消しして現状回復をしてもらいたいのですが、それは可能でしょうか?

    こちらは生活保護費を受け取っていて「少ない」と請求するのも憚られるのですが、あくまで最低生活分の支給であり、貰えないと厳しい状況でもあります。スグに対応してもらいたいのですが、行政の仕組みが分からず次回分の清算とかになると生活も出来なくなるので、早急な対応を求めようと考えております。

    あと最悪、算定方法の話し合いや、すぐに対応してくれないなど、不満が残った場合は、不服申し立ても準備しているのですが、これにはどれくらいの時間を要するのでしょうか?

    分かる範囲で構いませんので、宜しければご意見聞かせて下さい

    • seikatuhogo より:

      コメントありがとうございます。不服申し立てをした場合、50日以内に回答がない場合は、訴訟にもちこめます。また、通院交通費など、もらえる生活保護費をきちんともらっていらっしゃいますか。そういったもらえる生活保護費をもらっていないと生活は、苦しくなります。何でもいいからコメントをお願いします。結構、皆さん、もらえる生活保護費をきちんともらっていないパターンが多いです。

  3. hg より:

    保証料というのは保証会社の更新料もそれに該当するでしょうか?

    保険プランや保証会社などはけっこう不動産会社から強制と
    言われますし、更新時にはそれぞれ2万円くらいするので不安です。

    じきに更新なのですが、都心近郊だと上限はどの位なのでしょうか? CWさんに一喝されそうで怖くてまだ問い合わせできてません。

    すべて支給していただけたとして普通はどの時期に、どうやって申請するのでしょうか、、、

    更新のお知らせ、契約書などは一月ちょっと前に届くと思いますが
    振込期日があると思うのでタイミングを間違えると不支給になるのかと気になってます。何かご存知でしたら教えて下さいませんか。

  4. メロ より:

    高齢の両親と現在 持家(築41年)に住んでいますが先月で父親が高齢と持病の悪化により退職し生活の出来る収入は有りません。
    両親の年金は2人合わせて約10万円です。
    私自身も精神障害を長く患っており月の収入は頑張っても1万以下しか稼ぐ事が出来ません。
    福祉課へ行きケースワーカーさんに今後の事で相談したところ今の持家は売却する様に言われました。
    3人世帯の支給額「最低生活費認定調書」を計算し出して貰ったところ
    年金10万+収入1万+支給3万=14万弱との事でした。
    生活費のみ?住宅費を含んで?
    14万弱なのでしょうか?
    支給額は生活費の(生活扶助)と
    住宅費の(住宅扶助)が有りますよね。

    1K 3万円台のアパートで調べてみるとバス・トイレが一緒で高齢の両親にはとても厳しいなと感じています。

    不動産屋も貸してくれるのか…
    心配です。
    因に住まいは埼玉県の
    1ー2級地になります。
    アドバイスよろしくお願い致します。

  5. ざっきー より:

    最近生活保護を受けたのですが、申請する前に相談に行って申請したい旨を伝えたら、わたしは家がなくレストランで生活している状態だったので、すぐにでも住居を用意してもらいたい旨を伝えたら現住所がない状態だからまずは宿泊所に入ってもらってから宿泊所に先に入ってる人の順番待ちと私の治療状況を観察経過しながらだから自分の住居を用意してもらえるまで最低半年から一年掛かると言われ、なけなしの金で急いで家を低料金で借りた結果、築が古いため隣近所の生活音が丸聞こえで寝れない日々が続き、睡眠不足で精神的におかしくなってしまい困っています。そもそも本当に簡易宿泊所に入ってからの住居を用意して貰う流れだったのでしょうか?教えてください。お願いします

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます
      居宅生活が可能な場合はアパートに住む費用は支給することができます 市役所はそれを見定めるためといって、宿泊施設に入れます そこでの生活をみて、居宅生活ができると判断したら、アパートに住むことができますが、いい加減な担当者だといつまでもアパートに住めない可能性があります そちらさまの場合は、レストランで生活できたのですから居宅生活ができると判断すべきでアパートの費用を支給すべきだと思います
      またなにかありましたらコメントお願いします
      動画もはじめましたので、ぜひみて参考にしてください

  6. ぱんだ より:

    はじめまして。
    質問させて頂きます。
    私は40代、仕事してます。
    母親が64歳で現在入院中。
    2人世帯です。
    母親が障害者手帳持ってます。
    母親のお見舞いに行く交通費(往復3000円)は生活保護から貰えますか?
    またオムツ代は上限2万円ですよね?
    レシート提出して、掛かった分だけしか貰えないですよね?

    質問だらけですいません。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます
      お見舞いの交通費はでません もしとれるなら身体障害者手帳を取得して等級が重ければ保護費が増えますのでよいと思います 診断書の費用もでます
      オムツ代は確かに2万円弱ですね
      動画をはじめましたのでぜひみてください
      公務員には気をつけてくださいね

    • 小川 友樹 より:

      失礼しました
      手帳の写しを提出してなければ提出してください
      保護費が変わります 補足

    • 小川 友樹 より:

      40代は一番悲惨な世代です 高齢者や若者には政府は対策をうちますが、40代にはなんの対策もありません しっかり声をあげていきましょう
      ぜひコメントをお願いいたします

  7. ぱんだ より:

    お返事ありがとうございます。
    障害者手帳は当初のは提出しましたが、今はまるっきり寝たきりなので、等級とやらが代わるはずですが、その手続きはしてません。
    母親が入院中のせいと私が働いてるのもあり(月々10万円)保護費は家賃分(35000円)しか貰えてません。
    ほんと…正直市役所の福祉課の対応は冷たいものです…

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。
      身体障害者手帳の更新の手続きをしたほうがいいと思います。 ケースワーカーがしてくれなければヘルパーか身体障害者の部署に事情を説明することが一番です。
      動画をはじめたのでご覧ください。
      またしてほしい動画やブログを教えてくだされば幸いです。

      • ぱんだ より:

        ご無沙汰してます。
        以前ご相談にのって頂いたぱんだです。
        今回仕事の都合で他県に引っ越しする事になり、それにあたり他県に移ったら生活保護から抜ける事になってしまいました。
        わたし自身近々結婚する予定があるのもあり…
        そこで質問なんですが、6月いっぱいは現在地で生活保護対象なんですが、仕事の引き続きの関係上新しい職場、新しい土地共に7月から移るので、今現在6月1日~30日まで無職なんです。
        その場合保護費の自給は頂けないのでしょうか?
        ちなみに…引っ越し代や入居費用などは全額出るとの事です。
        市役所の人にものらりくらりと流されてしまい、いまいち納得出来なくて…
        教えてください…

        • 小川 友樹 より:

          コメントありがとうございます。
          手持ち金がなければ受給できるはずです。
          動画を作成しましたのでぜひご覧ください。

          • ぱんだ より:

            手持ち金はほとんど無いです。
            しかも、5月25日に入ったお給料が少し多くて、6月に貰った保護費を月末までに返すことになったのもあり。
            でも、市役所からしたら5月25日に入ったお給料と6月の保護費と今月末のお給料で充分やってけるでしょ。との判断みたいです。
            でも、正直来月収入が無いから月末のお給料で保護費返済とかほんとキツイです。
            直談判したんですが、一括で返さないと引っ越し代と入居費用払えないとか言われるし。
            何だかモヤモヤです…

  8. 山本かおり より:

    はじめまして。相談したいことがあります。母子家庭の生活保護受給者です。精神障害のため就労はしておりません。今日、振り込め詐欺に遭ってしまいました。冷静な判断が出来ず、自分がバカだったと反省はしています。今日が保護費の受給日だったのですが、相手の言われるがままに15万円を振り込んでしまいました。携帯代の引き落とし日も本日でしたので、残高は8,000円しかありません。家賃も払えない状態です。警察に被害届は出しましたが取り戻すのは恐らく無理とのこと。今日はとにかくパニックで警察に行くだけで夕方になってしまい、ケースワーカーさんには連絡できなかったのですが、事情を話せば保護費の再支給といいますか、なにか救済してもらえるのでしょうか。明日、役所に行けばわかることなのは理解できているのですが、今月の生活の事を考えると寝ることもできません。不安です。子供たちの食料代だけでも助けてもらえると思いますか?不安で不安で安定剤を飲んでも落ち着きません。教えていただけないでしょうか?お願いします。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。
      生活保護費の再支給は条件によって可能です。
      盗難ややむを得ない事情の場合です。警察への盗難届けはでてるので受理番号があると思うのでケースワーカーに伝えましょう。まず、親族からの援助が得られないか聞かれます。あと貯金があるかないかです。何回もだと金銭管理の指導を受けます。
      早くケースワーカーに言いましょう。
      社会福祉協議会の貸し付けという手を使ってくるかもしれませんがそれだと金額が少しになります。
      また解決できなければコメントをください。
      動画もありますのでぜひご覧ください。
      してほしい動画やブログを教えていただければ作成いたします。

      • 山本かおり より:

        ケースワーカーさんに相談しましたが、ほとんど話も聞いてもらえず、自分で何とかしなさい。としか言ってもらえませんてました。諦めるしかないのですかね。

        • 小川 友樹 より:

          コメントありがとうございます。
          やむを得ない場合は生活保護費の再支給が可能なことが生活保護手帳に書いてあります。 紛失届の番号も教えていけば何もしないのも変な話です。どこの市役所ですか。せめて社会福祉協議会の貸し付け制度があると思いますが。上司の人と話しをしたほうがいいと思います。

        • 小川 友樹 より:

          あと、追加ですが病院へいく電車代などの交通費はもらっていますか。もしもらっていなかったらもらったほうがいいと思います。

  9. どん底 より:

    生活保護を受けてるのですがどこまで収入があるとバレてしまいますか?申告してる金額と調査した金額に誤差があると言われました。
    申告してる仕事の他に時々派遣で収入はあったのですがその派遣収入が全てバレてるのでしょうか…
    生活保護費だけでは返済等があり毎月足りないので補填で派遣で収入を得てたのですが…
    虚偽の申告で生活保護費を返金しなくてはならないと担当者に言われてしまいました

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。
      借金は生活保護では禁止されています。 自己破産を通常します。 市役所の担当者から借金の返済ができない旨の説明はなかったですか。通常は説明があります。 金額は雇用先に確認するか計算間違いによるものが考えられます。

  10. 貧困 より:

    はじめまして。質問したいことがあります。
    私は現在、生活保護を受けている友人とルームシェアをしています。
    ルームシェアを始めて半年後くらいに、友人が体調を崩し生活保護を受けることになりました。

    今借りている部屋は1級地で月10万なので、保護を受ける前はそれを二人で割って5万円ずつ毎月出しあっていました。
    しかし、生活保護を受けるときに、同居だと家賃の補助が32000円が上限になるので、それしか出せない。それが嫌なら引っ越してと言われたそうです。
    そのときはなにも考えず、私も友人もOKし、私も承諾書のようなものを書かされました。

    しかし半年が経ち、やはり生活が苦しいです。
    友人に保護費から家賃5万をもらうと、残りの保護費は6万となり、かなり苦しく無理がありました。
    そのため私が家賃1万8000円分多く払う形を取っていますが、私も裕福ではないため苦しいです。

    ルームシェアを解消するのが一番よいのかもしれませんが、まだ住み始めて1年しか経っていませんし、私には引っ越し資金もありません。
    どうにかならないのでしょうか。

    ちなみに私は学生で、収入はなく親からの援助を受けて生活しています。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。
      まずそのルームシェアが高額家賃になってしまうため生活保護受給者だと住めない物件ということになります。そのため生活保護受給者はそのルームシェアに住むことは困難なため別の人が住むしかないと思います。

  11. より:

    はじめて質問します。今生活保護受給者です。今月支払いが多くて保護費がのこらず…財布に700円しかない状態をケースワーカーに相談しましたが…つなぎ金も出せない。と言われました。社会福祉協議会でも借り入れはできない。と言われ…。生活費なくて困ってます。母子家庭で息子が1人います。
    息子をショートステイに預けないと駄目ですか?共倒れになる前に…。親にも借りる事できません。どおしたらいいですか?

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。
      社会福祉協議会で借りれるのが通常です。児童扶養手当もないですか。直接聞くのもいいと思います。

  12. 浮浪者 より:

    現在、生活保護ヲ受ケテイル者デス。
    私ノ仕事ハ雀荘ノ打チ子デ週6日、朝十時〜夜十時マデ働イテイマス。
    私ハ弱ク会社ニ、九万ノ借金ヲシマシタ。
    金ガ無ク、ケースワーカーニ相談シタトコロ『働イタ分ハ貰ッテイルシ、賭博デ減ラシタ給料ダカラ生活費ハ出セナイ』ト言ワレマシタ。
    生活保護デアルタメ、貸付会社ノ援助モ受ケラレズ困ッテイマス。
    ドウスレバイイデスカ?

  13. ゆうこ より:

     小川さん、先日から色々とありがとうございます。
     今日は相談内容から考えて、このスレッドからコメントさせていただきます。

     先日お話しした通り、現在就職支援ナビゲーションを受けており、無職です。先日もご報告したように、就職相談に伴う交通費は、毎月の保護費にプラスされるのでとてもありがたく思っていますが、就業に伴う必要経費の控除が受けられません。
     ですから、これまでは給与プラス就業の為の必要経費を差し引いた保護費が支給されていた筈ですので、一般の方よりも、一万五千円ほど、全体の収入は多かったと思っています。

     実際無職ですから、必要経費はかからないのですが、私にとっては割と大きい金額ですから、だいぶ少なくなる感じがして不安です。
     それで、今日質問したいのは、就職活動を頑張っている人に支給される特別な手当はないのかということです。

     就職支援のケースワーカーは、色々と良いアドバイスをくださり、個人的にかもしれませんが、応募資料を提出するためのクリアファイルや、履歴書用紙をくださったりします。
     ですから、余り欲張ったことを言うのは恥ずかしく感じます。
     小川さんには質問しやすいので、メールしました。すみません。
     どうぞ、よろしくお願いいたします。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。
      例えば面接へいく交通費は支給されます。
      就労支援事業でいく場合は支給されると思います。

      • ゆうこ より:

         いつも有難うございます。分かりました、それは多分、今月の活動の報告をする上で面接に行ったことを報告するから貰えるんですね。
         仕事がない間は少し生活が大変になりますが、良く選んで長く続けられる仕事を探そうと思います。

         この年で就活は結構きついですね。一社採用の通知が来ていますが、面接で受けた印象が悪く、気になって問い合わせの電話をしたらとんでもない対応をされたので、驚きました。それで、辞退しました。
         また来月から頑張ろうと思います。関係ないことまで書いてすみません。
         ありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ