生活保護と交通事故

皆さんこんにちは。経済は良くなったと政府はいってますが全く実感はありません。働き方改革とかいってますがあくまでも一部の大企業のもので大半の国民には関係ありません。いいかげん政府は国民のほうに目を向けてほしいものです。ところで生活保護を受けている人が交通事故に巻き込まれた場合はどうなるんでしょうか。
普通生活保護者が交通事故に巻き込まれた場合はたいてい被害者です。生活保護者が交通事故の被害にあった場合はどうなるんでしょうか。

スポンサードリンク



交通事故で得た自賠責の保険金は市役所に返還しなくてはいけない。

交通事故にあった場合必ず自賠責の保険金がおります。
この保険金は収入あつかいになるので市役所に返還しなくてはなりません。問題は返還の対象となる生活保護費がどの時点からになるかです。生活保護だからなんとなく生活保護費をもらった時点、生活保護開始時からの生活保護費が対象となるような気がしますがそれは違いますので注意してください。自賠責の保険金については交通事故にあった日からの生活保護費が対象になるので注意してください。
結構、このことについて市役所が間違えている例があります。本当に気をつけてください。よくわからない場合はコメントを必ずください。何十万円あるいは何百万円と変わる可能性があります。交通事故にあい大変だと思いますが注意してください。

スポンサードリンク

交通事故の示談金についてはどういうかたちで返還するのでしょうか

交通事故にあった場合に自賠責の保険金とは別に示談金というものがあります。この示談金についてはどうなるんでしょうか。この示談金が一番難しいところです。
国は示談金については示談成立日か裁判になったら判決確定日からの生活保護費が対象になります。
東京都も同様の考え方です。しかし市町村によっては違う日にちでやってるようです。これは問題です。
同じ日本で判断基準が違うのですから住む場所によって返還額が変わってしまうことになります。
ですから必ず気をつけてください。
このようなおかしなことが行われているのです。

スポンサードリンク



まとめ

いかがでしょうか。交通事故に伴ってはいってくるお金の返還についていろいろと複雑になっていることがご理解いただけたと思います。
交通事故の返還金については間違っていることが多いので、交通事故にあわれた方で市役所に返還した方はぜひコメントをください。 しっかりみていきたいと思います。
動画もありますのでぜひご覧ください。

関連記事はこちら!

    None Found

26 Responses to “生活保護と交通事故”

  1. あき より:

    こんにちは いつもブログを読んでいます。最近はyoutubeにコメントさせて頂きました。
    どうしても気になって質問したいことがあるのですが、なぜ小川さんは無償で生活保護の人助けをしているのですか?
    小川さんくらいの学歴と経歴があれば議員になったり、ブログを本にして出版したりすることができると思います。
    生活保護バッシングが盛んな時代に顔を出して本名で動画を出すなんて小川さんだけが損をしてるような気がします。 

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。
      自分としてはたまたま公務員時代に生活保護の部署に異動し、結果として11年ものあいだ生活保護の仕事をさせていただいたのでその経験や知識を活かせればとの気持ちで行なっております。もちろんせ保護の制度は完璧ではありませんのでよい部分はきちんと活かし悪い部分は直していかなければならないと考えております。最近の何も分からずに生活保護をただパッシングするだけではなんら進展しないと思います。もし本当に生活保護をきちんとするために議員になったりあるいは本を出すことがよいことであるならばそれも必要かもしれません。現代は格差社会に突入しておりまたいきなり大企業が倒産の危機に突入する時代です。このような時代であるからこそ自分が今までの経験や知識を活かすのは宿命と考えてます。すこしおおげさにいってしまいましたが困っている人を助けるという日本人本来の精神をまっとうしていきたいと思います。

  2. ダキ より:

    質問があります
    私は昨年 受給者に
    なったものです
    その理由が ケースワーカーが
    私が乗車中のタクシーに突っ込み 申し訳ないからこちらも公務中だったので 障害者の方ですよねと言われ チームリーダー的なケースワーカーと加害者CWから生活保護を受けてください それからずっと生活保護 市長は 今年の4月に事の内容の進み具合など手紙で頂きましたが あまり把握してない様子
    弁護士に相談しても
    相手が市役所だから無理と言われ困ってるのです
    こう言った場合どうすればいいのでしょうか?

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます
      生活保護受けてくださいといった理由がよくわかりませんね 仮に手持ち金が最低生活費以上あったら受けれません
      相手が市役所だから無理というのもなぜ無理かをきいたほうがいいと思います

  3. ふじひろ より:

    質問させて下さい。
    来年度に級地の見直しがあると聞きました。
    現在、2級地−1で受給しておりまして、家賃は住宅扶助制限いっぱいの47500円です。

    来月、アパートの更新月で不動産店に書類を取りに行きましたところ、家賃が改定で43000円になっていました。

    これはすでに級地の改定が行われ、情報を入手した大家さんor不動産屋さんが家賃を下げて来たのでしょうか。それとも最近増えている空き部屋を作らないための措置なのか判然としません。

    なにかご存知のことがあればお教えください。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。来年度から住宅扶助の見直しをする予定はありません。ただ過去の家賃が暫定的に経過措置で認められている場合で経過措置が終わり住宅扶助の基準額が下がることはあります。 級地の変更は市町村によって違うのでどこの市町村かによります。

  4. いー より:

    こんばんは。
    保険金がバレてない人は多数いますが
    どーやるとバレてしまうんですか?

    みんなバレてはいないので。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。
      市役所は預金や保険の調査はできます。交通事故などで把握した場合は調査することはあります。

      • いー より:

        それは、片っ端から
        保険屋さんを調べるのでしょうか?

        あと、個人情報を
        役所は聞き出せるのですか?

        • 小川 友樹 より:

          コメントありがとうございます。
          申請時に同意書をとってますので生活保護に必要な個人情報は調べられます。

          • いー より:

            それは、自分名義の場合ですか?
            車の事故も、自分名義の場合なんですか?
            みんなそこは調べられていないので
            なんでなんだろうと思いまして

  5. いー より:

    違う場所で、小川さんが
    小さな交通事故ならばれない、
    手渡しなら。と書いてましたが
    手渡しなど
    名義が別だからバレることはないんでしょうか??

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。
      小さな事故の場合、軽傷ですと自治体で把握できないことがあります。

      • いー より:

        大きな事故と言うのは
        どの程度なんですか?

        新聞にのる。とかでしょうか?

        • 小川 友樹 より:

          コメントありがとうございます。
          入院とかになれば分かる可能性が高いです。
          いずれにしても病院へ受診して保険が使われればケースワーカーが調査する可能性はあります。

          • いー より:

            裏をかえせば、
            そこは、保険使わないで
            小川さんが記載していたような感じだと
            わからないということなんですかね?

            わたしは早くぬけだしたいので
            この保険のお金はバレたくありません。しかし、報告すれば、全部持ってかれるのでそのまま保護を切りたいと思いますので
            バレない裏技があれば、お願いします

          • 小川 友樹 より:

            コメントありがとうございます。
            辞退届を提出すれば保護をやめることができます。
            ただ最近は辞退届をだしてもいろいろ理由を聞かれますので友人の援助で生活するとか自然な理由をつけたほうが無難だと思います。

  6. ダキ より:

    以前 ご相談させていただいたものです
    その後進展がありました
    そして、その後の対応を
    音声で録音し 不透明な市役所対応に対して市長様と県知事様に手紙を出しまして
    内部調査を依頼 その後
    早急な対応させていただきます
    と市長さま 県知事さまから
    手紙がありました
    担当CWには告げ口するな的な嫌味を言われましたが
    色々隠して居る書類とあえて発行されてない書類紛失されていた書類がある事が判明
    CWと話をする時は必ず録音が大事だと知りました
    ありがとうございます

  7. 川内浩史 より:

    今日は(^_^)いつも他の方の質問も拝見させて頂いているのですが、昨年の10月途中から仕事に付き交通事故に遭ったのが、今年の1月30日です。4月24日迄入院しその後8月10日迄週2日単位で通院しました。労災と相手の自賠責で治療費は労災で支払い、休業保障の分は自賠責で出ていましたが、退院した時にまた生活保護に切り替えました。この自賠責の慰謝料は支払わないと行けないのですか?自賠責の保険金も下りたら報告して下さいとケースワーカーが行ってました!?ちなみに2ヶ月止められていましたが

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。原則慰謝料は示談日以降の生活保護費が対象になりますが自賠責だと交通事故日以降の生活保護費が対象になります。

      • 川内浩史 より:

        有り難う御座います。先日、労災の方から一時金が降りて来ました。3ヶ月近く入院していました。それから治療費は労災の方から出て居るのに、ケースワーカーがやたらと首を突っ込んで来ます。何度も余り関係のない事に首突っ込まないで下さいと言って居るのに

  8. 川内浩史 より:

    内容をこの間電話して来たので聞いたら、入院中に耳鼻科に何度か通っていた事それは仕方がないとしても、入院先から耳鼻科迄、タクシーで行かないと行けない距離ですので、それと自賠責会社に電話して聞くとかって言っていましたね。まず自賠責さんの方が個人情報なので、往復交通費等教えないと思うのですか?余りにも首突みすぎだと思いまして。私は余りにも首突み過ぎじゃあないですかと何度か言った事も有ります。長い文章で、すいません。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。生活保護受給中であればかなり個人情報は聞かれます。問題は返還額があっているかどうかです。

    • 小川 友樹 より:

      コメント再度いたします。最近、ケースワーカーの言動が支給をしぶったりやたらプライバシーにはいりこむ傾向にあるので気をつけて下さい。少しでも何かあればコメントを下さい。

  9. 川内浩史 より:

    すいません。有り難う御座います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ