小説 生活保護腐敗列島

小説 生活保護腐敗列島 その3

スポンサードリンク



高橋は電話のメモについて山田にききなんとか処理が一応終わった。気がついたらもう午後5時だ。教育委員会総務課の時は4月異動に関する仕事で3月は異常に忙しく残業が100時間を超えたがそれ以外の時期は何か特別のことがない限り残業はなかった。普段は残業は月10時間くらいだ。
生活保護課は特に時期は関係ないらしい。今日は郵便受けに請求書などたくさんあり処理しなくてはならない。現場仕事だけでなく事務処理も結構あるのにはびっくりした。山田が一緒に残って教えてくれるということでありがたかった。一応事務処理は終わり時間は午後8時を回っていた。山田が大家と連絡をとってくれて明日死亡した生活保護受給者のアパートの撤去および荷物の処分などのことでアパートを訪問して大家と会うことになった。山田はさすが総務課にいただけあって事務処理は早いですねと言われた。今日はこれで帰ることにした。

大家との交渉

スポンサードリンク

翌日に高橋は山田と一緒に死亡した生活保護者のアパートを訪問した。大家もきていた。部屋の中はそれほどちらかってはいなかった。ただ意外とワイシャツとかものがいっぱいあるのには驚いた。生活保護課は生活に困窮しといるわけだから物がこんなにあるのは驚きだ。いやすごい。
さてこの荷物の処分とリフォームを何とかしてくれと大家が言ってきた。リフォーム代は生活保護費でだすことはできないし荷物のいわゆる家財処分費用は死亡の場合は支給することができない。さっそく大家がごねてきた。
大家は敷金1ヶ月分しかとっておらずその金額では間に合わないからなんとかしてくれと言ってきた。家賃は月額4万5千円で松井市での単身者の家賃の上限額になっている。部屋の間取りからすると少し高い気もする。共益費も3千円とっている。
家賃の滞納はない。山田が大家に保証人はいないんですかと聞いたら大家は身内からも見放されていて保証人などとりようはなかった。5年前に引越してきたが保証人がいないので高齢だし入居を認めたくなかったが役所に頼まれ仕方なく入居を認めたと大家は言い出した。死亡した坂田は70歳だ。入居した時は65歳だから高齢というほどではない。大家も70歳で入院していきなり死ぬとは思わなかったのだろう。
しかし家賃滞納はなく大家は生活保護の家賃上限まで設定しており損はしてないはずだ。しかし大家は市民であり市役所としては下手なことはいえない。山田は大家に家財処分の費用は検討するがリフォーム代は無理ですとやんわり伝える。大家は不満そうな顔しながらもそれじゃあ家財処分だけでも何とかお願いしますよと言って去っていった。山田はまいったなあと言って顔をしかめる。そりゃあそうだ。家財処分の費用は支給できないのだ。とりあえず役所に戻ることにした。

裏金で処分費用を作る

スポンサードリンク



山田は役所に戻ったあと高橋に裏技を使うしかないですねといった。高橋にはなんのことか分からない。山田は第2係のケースワーカーの角田のところへいった。角田は年齢は46歳で4年前に生活保護課に異動できた。30代前半のときにも生活保護者にいたことがあり出戻りだ。山田は角田に家財処分費用の相談をした。角田は独身で付き合いはよい。山田ともたまに酒を飲むみたいだ。
角田は山田の話をききそれじゃあ秘密資金を使うかと言い出した。秘密資金とは役所の金ではなくなくなつさた生活保護者の遺留金をためておいていざというときに出せる金としてプールしている金だ。高橋は驚きそんな金があるなんてばれたら懲戒処分ものだと思ったがこの現状をなんとかするにはきれいごとは言ってられない。山田はそんなにかからないので助けてほしいと角田にお願いした。
角田はプール金は今20万くらいしかないからその範囲でおさめられるんならいいよといってくれた。山田はおそらく数万円もいかないですと答えた。角田はいいよと答え特別だぞと笑っていた。山田はすぐに大家に連絡したら大家は満足し、あとは家財処分の見積もりを取ることだ。高橋はなんか危険な橋を渡っているみたいで怖かったが山田に従った。

アパートでの見積もり

スポンサードリンク

翌日に高橋は山田と一緒にアパートへいった。山田が選んだ家財処分業者鳥原産業もきていた。ここの会社は安くやってくれてどんなゴミ屋敷でも引き受けてくれるのでいつも使っているらしい。見積もりをしたら3万円とのことだった。これなら角田のプール金でうまくいく。山田は鳥原産業の社員に快諾してこれでうまくいきましたねと高橋に言った。高橋はこんなことして大丈夫なんだろうかと不安に思ったが自分の力ではどうにもならないので任せるしかない。
山田は大丈夫ですよといって高橋と一緒に役所に戻った。山田は角田に伝えた。角田はそれならオッケーだ。上にはいうなよと言った。そして山田にまた飲みに行こうと笑いながら言った。高橋くんだっけ君も一緒に行こうと言ったので頭を下げた。飲みにいくのはかまわないが今後もこんな危ない橋をわたるのかと思うと高橋は暗澹たる気持ちになっていった。

関連記事はこちら!

    None Found

7 Responses to “小説 生活保護腐敗列島”

  1. 来年なかば より:

    初めまして お世話になります。
    自分のケースはどうなるのか分からず、色々探していたらこちらにたどり着きました。サイト内のカテゴリーが違うとは思いますがお許しください。

    私は国の指定難病の腎臓病で、まだ障害者ではありませんが、難病医療受給者証を所持しています。
    2年ほど前に離婚をし、慰謝料で今までやってきました。離婚前までは腎機能も悪くなく、離婚後仕事をするつもりでいました。それが、離婚後、パートで仕事に就きましたが、持病が急激に悪化しました。その為、難病医療申請し、月に一度の通院をしています。薬の副作用が強いため仕事に就くことが難しい状態です。このままだと来年半ばより前に、生活費がなくなると思います。
    結婚退職してから持病があるため大事を取って仕事はせず主婦でした。離婚の際、収入なく部屋を借りることもできず、離婚原因は元配偶者にあったので、彼の名義でアパートを借りて貰い(家賃は私自身が払っています。私の通帳に家賃を振り込んだ記帳があります)、今住んでいます。
    自分の名義でない事と、生活保護の家賃より高い事もあるので、生活保護の申請をし、通った場合、すぐに引っ越すことになると思います。
    1時間半かけて通院していますが、体調が悪い時はかなり辛いです。今住んでいる市とは別の市にある病院に通っています。希少難病のため、病気についてわかる病院が少ない事と、10年以上今の主治医に診ていただいているので、今の病院に通いたいと思っています。
    生活保護で、通院を理由に引っ越すことは可能なようですが、私の場合、今住んでいる市に申請をし、申請が通ってから病院に通い易い市へ移動申請するようになるのでしょうか?
    まだ少し先の事ですが、こんな質問をする前に、生活保護の申請が通るのかさえ不安で、この先のことを考えると本当に不安で仕方がありません。

    また、一人で申請に行くと水際作戦に遭いそうなので、弁護士に付き添っていただき役所に申請に行きたいと思っているのですが、弁護士相談に行って、そのあとどの位の日数で申請に付き添っていただけるものなのでしょうか?余裕をもって相談に行ったほうが良いとは思うのですが、もし、情報ありましたら教えていただけないでしょうか。

    長文申し訳ありません。文章のまとまりもなく申し訳ないのですが、ご回答いただけると助かります。よろしくお願いいたします。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。手持ち金が僅かであれば申請は通ります。家賃が高い場合は生活保護決定後、引っ越すことになりますが市外でも問題はありませんので病院の近くに引っ越すのがいいと思います。確かに水際作戦に会うかもしれませんので、最近は行政書士が同行するケースはあります。あと変なことをいわれた時のために録音するのもいいかもしれません。申請は余程のことがない限り受理しなくてはいけなくなっています。ご不明な点、おかしな対応されたらまたご相談ください。

      • 来年なかば より:

        早々にご回答頂き有難うございました。通院のことが心配だったので市外でも引っ越せるとの事で安心しました。この場合、先ずは今住んでいる市に保護申請を出すということで宜しいのでしょうか?

        • 小川 友樹 より:

          コメントありがとうございます。まずは今住んでいる市に保護申請をします。

          • 来年なかば より:

            分かりました。先ずは住んでいる市でいいんですね。手順も分からず漠然と不安でした。
            直ぐにご回答頂き本当に有難うございました。
            私のような生活困窮者にとって、相談出来て回答アドバイス頂ける場は本当に貴重です。このサイトを作って頂き有難うございます。

          • 小川 友樹 より:

            コメントありがとうございます。相手が何をいってくるかわかりませんので録音したほうがいいと思います。あまりにひどければ反論と公開したほうがいいと思います。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。大丈夫でしたでしょうか。最近、市役所が何かと支給をしぶるケースがあるので録音か録画をすることをお勧めしています。それを送っていただければ分析いたします。送り方についてはコメントをいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ