働きながらでも生活保護を受けることはできる

皆さん、こんにちは。生活は一切、よくならず、労働環境もよくなっていない今日この頃です。格差拡大がどんどんひどくなっています。政府は有効求人倍率が上がったとかもっともらしい統計を持ち出して景気は良くなったといっていますが、実際はよくなっていません。一部の統計をもってして景気がよくなったとする政府の見解を信じる人はいないと思います。

政権政党による疑惑隠し、怪文書といっていた文書がきちんとした文書としてでてきて慌てて答弁を変えたり、ある議員の暴言、暴行や防衛大臣のありえない失言により自民党は都議会議員選挙で歴史的大敗になりました。いよいよ国民の怒りも頂点に達したということでしょう。

ところで生活保護は仕事をしたら受けられないのでしょうか。この点について解説していきます。

スポンサードリンク



仕事をしているからといって生活保護は打ち切られるものではありません

生活保護が打ち切られるのはどのようなときなのでしょうか。仕事がきまれば打ち切られるのか。そんなことはありません。生活保護が打ち切られるときというのは、原則として収入が最低生活費を上回ったときです。だから仕事で得た収入が最低生活費を上回なければ生活保護は継続されます。例えば一人の世帯で最低生活費が家賃を含めて12万円とします。この人の収入が手取りで10万円だとすれば、最低生活費を下回っているので生活保護は継続になります。また収入が13万円でもこの数字だけをみると最低生活費を上回っているようにみえますがこの場合でも生活保護費は打ち切りになりません。なぜでしょうか。

スポンサードリンク

仕事で得た収入などと最低生活費の比較には注意してください

先の例ですが手取りで13万円なら最低生活費が12万円ですから、一見すると収入が最低生活費を上回っているようにみえます。しかしこれは違います。生活保護費の働いて得た収入には控除というのがつきますので、この控除の分を差し引いた金額になります。例えば14万円が額面で手取りが13万円とします。そうしますと13万円から1万5千円を差し引きますので11万5千円になりますので最低生活費である12万円を下回ることになります。つまりこの場合は生活保護が継続になります。

ここは重要なところです。ですから働きながらでも生活保護は継続されます。もっとも市役所の担当者からあと5千円だからもう少し労働時間を増やすように増収指導を受ける可能性はあります。例えば就労日数が少なければ就労日数を増やすようにいわれる可能性があります。いずれにしても大切なことはこの生活保護の打ち切りに関わる収入と最低生活費の対比が肝心なところです。この計算が間違っていると大変なことになります。もし、就労収入で生活保護が打ち切りになる場合は、必ず最低生活費と収入との対比を確認してください。

スポンサードリンク

母子家庭さんの場合はどうなっているのでしょうか

例えば、12歳のお子さんが一人いる母子家庭を例にとります。家賃込みでだいたい最低生活費は20万円とします。母子家庭なので、児童手当が月額1万円、児童扶養手当が約4万円5千円が支給されます。例えば先程の例を使うとします。額面が14万円で、手取りが13万円とします。そうしますと、控除を入れれば11万5千円となります。

そうしますとこの世帯の収入は児童手当1万円と児童扶養手当4万5千円と就労収入が11万円5千円となります。合計しますと16万5千円となります。最低生活費の20万円に満たないので生活保護は継続になり差額が生活保護費として支給されます。このへんの計算がなかなか難しく働いて得た収入については必要経費の計算などおかしなときがありますのでこの点は本当に注意してください。なかなかわかりにくいところだと思いますが、もしご不安な点があればコメントをお願いいたします。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。生活保護は仕事をはじめたから打ち切られるものではないことに注意してください。よく仕事が決まると生活保護が打ち切られるとかあるいは若いと仕事が決まった時点で打ち切られるとか間違った話がよくありますのでくれぐれも注意してください。このような話は都市伝説みたいなものです。生活保護制度は複雑にできています。だから正確な知識と理解が欠かせません。政治のいい加減な混乱をみれば誰も救ってくれません。そのためには自分で正確な知識をみにつけることが必要です。どんな些細なことでも結構です。コメントをお待ちしております。一人で悩みをかかえず、このブログを利用しぜひコメントをお待ちしております。

ま3た動画も行っておりますので、ぜひ参考にしてください。よろしくお願いいたします。

 

関連記事はこちら!

    None Found

19 Responses to “働きながらでも生活保護を受けることはできる”

  1. ゆうこ より:

    以前、子どもの自立に伴う金銭の借り入れで相談させて頂いたゆうこと申します。その節はお世話になりありがとうございました。交通費についてもアドバイスしてくださった通り請求しまして、通院を続けています。
    以前お話ししたように、現在も清掃のアルバイトをしていますが、屋外での仕事で、体力の限界を感じています。
    そこで転職を考えネットで求人に応募したところ、簡単な聞き取りだけで不採用となりました。
    メールにて連絡を受けましたので、折り返し電話し、住所、氏名、現職と勤続年数、家族構成を伝えると、「生計はどのように立てているのか」について尋ねられたので、正直に生活保護と言いました。電話の応対に目立つ失敗はなかったと思います。
    ですから、生活保護受給者として差別されたと感じています。
    誰でもできる清掃の仕事ですし、履歴書の提出、面接もまだでしたから、それ以外に理由を見出すことができません。

    このまま泣き寝入りですか。市役所の法律相談の先生に聞きに行って、何かメリットはありますか、教えてください。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。相談の答えがお役にたちうれしいです。いつも自分の回答がみなさんのお役にたてたのか気になります。生活保護受給者ということで採用を拒否したのであれば問題です。ただなかなかそれを立証することは難しいです。法律相談をしてみるのはよいと思います。いい弁護士さんにあたればよい知恵をさずけてくれる可能性はあります。また具体的にコメントを下さい。またやってほしいブログや動画があれば教えて下さい。

      • ゆうこ より:

        返信ありがとうございました。
        どうしても腑に落ちませんでしたので、応募した企業にメールで不採用の理由についてお尋ねしました。
        理由は三つで、①52歳という年齢でフルタイムで働いていないこと、②現職であること、③持病があること、でした。
        それと、企業側の都合として、欠勤の場合の代替要員を確保できないこと、という説明がありました。

        ある程度の気遣いを示したくださったので、納得する為に、その企業のホームページを閲覧しましたが、学歴や職歴に柔軟性はありましたが、到底私に合う職場ではないという事が分かりました。
        今の仕事は10年になりますが、その当時の就職事情と最近の状況は違ってきているのかもしれませんね。

        それで、息子にも相談して、市役所のケースワーカーに職の斡旋をしてもらおうと考え、先週申し出をしました。
        すると、役所からの斡旋はなるだけ無職の人にしているそうですが、転職の場合も出来るのか、上司と相談して連絡するとのことでした。今はその連絡待ちです。

        それと、ネットの求人案内にも、企業の名前を出し、差別された感をメールで相談しましたが、そこはコメントできない事と、慰めの言葉と、次の機会に活かせる電話の応対や、面接で注意できる点などをアドバイスしていただきました。

        今は、この一連のショックから立ち直り、また友人も職探しの手伝いをしてくれていますので、出来れば今月中に見つけたいと思っています。差別のあるなしについては、私が知ったところでプラスにはならないと息子がアドバイスしてくれたので、もう考えるのはやめました。

        小川さんの動画、いくつか拝見いたしました。私は政治のことは分かりませんけど、小川さんが弱い人の立場に立ってくださっていることが良く分かります。
        やって欲しい動画は、生活保護の人が死んだ場合の住居の整理や、葬儀にまつわる出費に関した情報をお願いします。
        理由は、知り合いの方の親族の方が受給者で、その方が亡くなった時に遺品の整理や葬儀関係で、随分ご心配しておられたからです。
        明日はどうなるか誰も分かりませんし、私も息子に迷惑を掛けたくありませんので、生きているうちに出来る事は何でもしておきたいと思っているからです。
        よろしくお願いします。

        役所の就職あっせんについて、進展がありましたら、またメールさせてください。ありがとうございました。

        • 小川 友樹 より:

          コメントありがとうございます。
          大変がんばってらっしゃるので素晴らしいです。
          ぜひコメントにある動画をさせていただきたいと思います。また何かあればコメントをお願いします。

          • ゆうこ より:

            就職支援について進展がありましたので、報告いたします。
            地区担当のケースワーカーから、就職支援担当の紹介を受け、受給者のための特別な就労支援を受けることになりました。
            保護課の担当者も、職安の支援員も本当に親身になって話を聞いてくださっています。
            一か月以内に再就職をしたいと伝え、今日求職票を記入し提出してまいりました。来週にも適職診断や細かなカウンセリングを行ってくださるそうです。
            その面談の際に、要した交通費も保護費とまとめて支給してくださるそうなので良かったです。

            小川さんのブログや動画を見ていなかったら、役所に就職相談をするという発想はなかったかもしれません。
            職員の方も、努力を誉めてくださったり、私の限界を考慮してくださったり、懇切丁寧な扱いをしてくださるので、通院を続けながら自分に出来る仕事を出来る限り頑張ろうと思います。
            就職が決まりましたら、またメールさせてください。
            何故かというと、保護を受けながら自立への道を模索している方々のお役に立てるかもしれないからです。

            生活保護について、正確な情報を与えてくださり、とても感謝しています。ありがとうございます。

          • 小川 友樹 より:

            コメントありがとうございます。
            よかったですね。また何かあればぜひご報告をお願いします。

  2. 保護やめたい より:

    助けてください、困っています。
    長文になりますが、お許しください。

    交通事故に遭い、寝たきり生活で働く事も出来ずに苦渋の選択で生活保護受給に至りました。
    しかし、極悪加害者と福祉事務所に
    繋がりかあり、保護申請時点から加害者味方を宣言した福祉事務所所長
    の指示により、ケースワーカーから壮絶な虐待を受け続けており、それでも生きるために必死に耐えて保護生活を送ってきましたが、いつまでも死なない私に対して福祉事務所は自殺に追い込む実力行使を始めました。

    これ以上の虐待に耐えきれず、命がある間に、身体障害者の不慮の事故に見せかけて殺されないようにに生活保護辞退届を提出しました。
    ・約4年に渡り、
     『自分で動けない身体障害者でいつまでも生きていないで早く死になさい!』
     『身体障害者の体どうなっているのか身体検査させろ!』
    など、体を無理やり触られたりレイプまがいの辱しめを受け、治療妨害や心身への苦痛に耐えきれず、生活保護辞退届提出に至りました。

     『絶対治療させない、手遅れで死ね』
    と、治療妨害も段々と激しく、嘘や冗談ではなく、本当に殺される身の危険を実感し、保護辞退後に国民健康保険加入手続きする為、役場に出向きました。

    ところが、すでに福祉事務所から役場に手を回されており、
    役場で『福祉事務所から、何があっても健康保険申請を受け付けるな、と指示されているから申請却下です』
    と、国民健康保険の手続きする事が出来無いまま強制的に役場から追い出されました。
    2週間以上経過しても、福祉事務所からの 生活保護廃止決定通知書 も届きません。

    福祉事務所は、『嫌がらせに決定通知書は絶対出さない、通知書が無ければ保険証切り替え出来無いし通院も出来ませんよ、それにいつまでも健康保険加入しなければ国から処罰される事になるから、そうなって苦しむ前に死になさい!』
    です。

    福祉事務所がここまでやる理由は、
    私を轢いて逃げた極悪加害者と警察署長と福祉事務所所長が繋がっているためで、事故揉み消しに従わない私を世間から完全抹殺して事故など無かった事にする為です。

    どうしたら保護廃止決定通知書無しに国民健康保険に加入する事が出来ますか?

    僅かな年金受給額では無保険での通院にも限りがあり、通院を断念しており、体調が悪化するばかりで非常に苦しい毎日です。

    保護廃止決定通知書無しで健康保険加入手続きの方法はありませんか?

    ちなみに、県知事宛には何度も不服申し立てしてきましたが、何年待っても何一つ回答がありません。
    異議申し立て内容は以下の通りです。
    ・本来なら認められるはずの重度身体障害者が通院に必要な自家用車保有を認めない事に対する異議申し立て
    ・治療先の病院に近い場所及び、段差が多い車椅子生活に敵さない住居からバリアフリーへの転居が認められない事に対する異議申し立て
    ・1級身体障害者手帳のコピーを添付して障害者加算申請をしてもとの加算額も支払われない事に対する異議申し立て
    ・故意だと言って不当に保護費を減額支給された為の不足額を支払わない行為に対する異議申し立て
     その他?たくさんの異議申立書を内容証明郵便及び県庁福祉部生活保護班に直接手渡して異議申立書を提出しましたが、何一つ返事はありません。
    ・厚生労働省の生活保護班に指導をしてもらえるよう電話をしましたが、『地方の福祉事務所の悪事をいちいち言ってくるな、地方の事は地方で解決しなさい!』と非常にきつく叱られて電話を切られました。これ以降、厚労省には電話もしていません。

    一刻も早く健康保険加入して、細々と生活を送りながら治療を続けて少しでも体調回復させて、この異常な県から脱出したいのです。
    宜しくお願いします。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。
      障害者加算がつかないのはおかしいですね。
      辞退届は今はいろいろ経緯をきかないと受理はしませんし、辞退したら生活は大丈夫ですか。おかしな処分は都道府県か市長の直轄の部署、例えば秘書課とかがいいと思います。どこの市か差し支えなければ教えてください。また何かあればコメントをお願いします。

      • 保護やめたい より:

        ご回答ありがとうございます。

        沖縄県です。
        3年以上、ずっと口頭と文書で加算額支給をお願いしていますが、一切知らん顔で無視されてます。

        他に、治療に伴う転居や通院する為に無くてはならない自家用車保有を認めてくれるように、口頭及び文書でお願いしていますが、それも無視です。
        全ての異議申し立てを県知事に行ってきましたが、その全てに無回答です。

        専門医治療を必要とする重度脊髄損失を負って、各診療科の主治医達から10通以上の東京専門医への早急な県外受診紹介状が出されていますが、それも事故受傷から6年間県外受診許可してくれず、本当に死に直面して切迫した身体状況です。

        福祉事務所からの暴言や、転居・自家用車保有・県外受診、その他を行わせない、という脅迫は録音して所持しています。

        東京主治医の所に、自力で行こうと計画してます。
        そのまま関東に移住する予定です。

        福祉事務所から何通も届いている
        『福祉事務所に従わなければ保護打ち切り』
        の文書も所持しています。

        東京に脱出したら、専門家の小川さんに見ていただき、福祉事務所が正しいのか、私が間違ったお願いをしているのかを判断していただきたい気持ちでいっぱいです。

        • 小川 友樹 より:

          コメントありがとうございます。
          手帳の等級は何級ですか。精神ですか、身体ですか。県への不服審査は書式どおり行ってますか。沖縄の対応はひどすぎますね。動画やブログもぜひご覧になってください。

          • 保護やめたい より:

            ご連絡ありがとうございます。

            身体障害 上肢・下肢ともに1級
            視力障害 1級
            聴力障害 1級
            です。
            その他の障害についての手帳申請は、福祉事務所から『わざと却下です』と言われて申請受付拒否されてます。

            審査機関にも書面提出して異議申し立てしましたが、県知事からも審査機関からも口頭及び書面での回答は一切ありません。
             
            日常生活用具申請も受付拒否されてます。
            理由は、『生活困窮して辛くて死になさい』 です。
            用具申請却下については、福祉用具販売事業所からも役場及び福祉に抗議してもらいましたが、業者も役場及び福祉の態度があまりにも異常な為に、どうにもならない、と手を引かれてしまい、非常に不便な生活を強いられています。
            『役場や福祉の態度が、あなたにだけ異常すぎる』
            でした。これは、主治医たちも同じ事を言ってました。

            事故加害者の背後には、警察署長・国会議員など、権力者が付いているので一個人では何をされても仕方無いのでしょうが、あまりにも理不尽です。

          • 小川 友樹 より:

            コメントありがとうございます。
            障害者加算1級がつきます。つかないのはおかしいですし、沖縄県には審査請求を出されてますか。生活保護はいきなり裁判はできないのでやり方に基づいて審査請求をする必要があります。しかし対応がこの内容だとひどすぎますね。

  3. 保護やめたい より:

    県知事宛には異議申し立て書類を証明郵便で提出しています。

    一年間待っても返事がないので、再度、審査請求していますが、へんじはありません。

    早く死になさい
    と、何度も福祉事務所に言われている事や、
    生活保護受けるやつは精神異常者
    など、長年言われ続けていること、
    福祉事務所の主治医への長時間居座り、治療妨害
    などに耐えきれず、生活保護辞退届を提出しました。

    しかし、国民健康保険に加入させない
    として、保護廃止決定通知書は絶対出さない
    とも言われ、
    役場からも、国民健康保険には永遠に加入できないので、生活保護辞退したのなら自己負担診療してください、
    です。
    重度脊髄損傷で、一日も治療を欠かせない体なので、どうすればいいでしょうか。
    もう限界です。

    福祉事務所は、生活保護辞退しても受理せずに、私の年金を全額取り上げて生活保護受給日費も減額し、完全に生活困窮させて自殺に追い込むという当初の宣言を実行に移してきました。
    生活保護のままでこの地に拘束する一番大きい理由は、
    自由に県外受診されて、交通事故揉み消しが出来なくなること、
    です。

    辞退届を8月3日付けで提出しましたが、
    見ていない、知らない、絶対辞退させない
    です。

    他の保護相談サイトで、保護廃止決定通知書が無くても国民健康保険に加入できた、と多くの記載がありましたが、健康保険加入はむりですか?

    裁判で心身に受けた苦痛に対する賠償したいのですが、沖縄県では無理です。

    月末に東京に移住します。
    福祉事務所には内緒です。
    1ヶ月あたり、17万円あるので年金で生活できるので、ここから逃げます。
    もう我慢できません。
    県知事も、弁護士会も、通常ではなく、これ以上沖縄県にいたら本当に殺されます。
    移住しても健康保険加入出来ませんか?

    助けてください、お願いします。

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。
      審査請求の答えが出ない場合は裁判ができます。

      • 保護やめたい より:

        度々メールしてすみません。

        数々の録音(文字で書き起こしたものと録音)や、福祉事務所からの書類を持参して、福祉事務所から受けた障害者福祉法違反行為や人権侵害について相談しました。
        生活保護受給申請時から、沖縄県弁護士会・司法書士会、その他弁護士の個人事務所を訪ねてきましたが、
        『保護の問題くらいじぶんでやって』『生活保護受けているんだから、何されようと福祉事務所に従いなさい』『弁護士は忙しいんだよ、だいたい生活保護で弁護士費用も無いくせにどうやって弁護士雇うつもり?』『保護の問題は手間ばかりかかってめんどくさい』
        などで、
        受任してくれる弁護士がいません。
        九州沖縄生活保護ネットワーク弁護士や司法書士その他の法律家も同様でした。
        『自家用車保有も県外受診も多くの人が相談に来てるけど沖縄では無理だよ、東京の日弁連に人権救済してもらいなさい』

        月末に東京に移住します。
        東京の弁護士会や弁護士さんも、同様の扱いでしょうか?
        既に、保護辞退届を福祉事務所には提出してあります。
        しかし、役場に国民健康保険加入手続きをしに行ったら、
        『福祉が、あなたは一生保護のままで廃止決定日を確定する事はありませんから、幾ら辞退してもあなたは永遠に無保険者です』
        と、福祉事務所が何があろうと私を生活保護受給のまま監視下に置いて事故での治療を絶対にさせない、
        そのために国民健康保険には加入させるな、と指示があった為役場で保険手続きしません。

        健康保険加入できず追い返されたので現在ずっと無保険で実費にて治療を受けていますが、ものすごく高額で、通院も中断状態です。

        東京に出たらすぐ弁護士さんを探して福祉事務所を訴えたい。

        もう生活保護は辞退届を提出して現在保護費も支給されていませんが、嫌がらせに保護廃止決定通知書をだしません。
        全国、どこに逃げても役所や福祉事務所はつながっているから東京の役所でも同様の扱いを受けますか?

        裁判するにあたり、弁護士さんの選び方を教えてください。

  4. 安田みほ より:

    先日保護申請をしようと役所にいきました。

    私は母子家庭で高校生の息子と二人暮らしです
    持病がありロング勤務ができず
    月八万くらいの収入しかなく
    親兄弟に助けてもらいながら生活してましたが
    それも、限界になり
    持病も悪化して病院に通院しないといけなくなり、そーすると仕事を休んでいくので
    八万切ることになります
    もうやっていけないので
    働きながらの保護を受けようと役所にいきました
    そしたら、保護の計算をすると
    今の収入に、五千円プラスしたくらいの額しかもらえないよと言われました
    母子手当てを毎月分引かれたとして
    五千円しか、保護費はもらえないなんて。
    家賃は22000円です
    岐阜県です

    お金の心配なく病院に通いたいと伝えても 
    八万の収入では親子二人は生活できないと伝えても
    たかが五千円増えるだけのために
    制限された生活をしなくては
    いけないんだよと言われるばかりで

    親子ふたりで八万だと保護費は五千円くらいしかもらえないのでしょう

    • 小川 友樹 より:

      コメントありがとうございます。仮に現状で5千円しかもらえなくても医療費などが無料になりますし、通院交通費やアパートの更新料や高校に関する費用もいろいろ出ますので受けたほうがはるかに得です。制限とは具体的にどのようなことを言われたのでしょうか。また今後体調が悪くなれば収入が減りますので受けたほうがいいと思います。

  5. ゆうこ より:

     小川さん、お久しぶりです。
     九月一日までビル清掃の仕事をしていたゆうこと申します。
     ご報告した通り、九月、十月と市役所の中にあるハロワにて、就職支援を受ける事ができました。
     それで、二つの会社から内定を頂き、銀行の清掃をさせてくださる会社を選びました。今月初めから働いています。
     自治体によってもサービスは違うと思いいますが、仕事が見つけられずに困っている方がいるなら、就職支援ルームについて教えて差し上げてください。きっと良い結果が得られると思います。
     支援ルームの方や、保護課の就職支援専門のケースワーカーの方は、親身になってくださいますし親切で、無理をして働かせるようなことは、決してありません。
     私の体力に合った仕事を、毎週いくつも紹介してくださいました。二つの会社のどちらにするか迷った時も、「私たちが心配しているのは、ゆうこさんの健康なんですよ。」と言って気遣ってくださいました。
     小川さんのブログのコメントを見ても、大変な苦難の中におられる方がたくさんいますから、そうした方のお役に少しでも立ちたいです。
     どうかこの情報を役立ててください。

     それから、先回要望いたしました動画をアップしてくださりありがとうがざいます。視聴して本当に良かったです。
     20万以内で私の体の安置と火葬を行ってくれる業者の選定を、これからボチボチ行う予定です。まだ死なないと思いますが(笑)
     でも、何があるか明日のことは分からないので、エンディングノートは、準備を始めています。

     それと、動物虐待税理士に関する小川さんの動画も拝見いたしました。
     私は、日ごろから余り署名活動はしないのですが、今回は署名運動に参加しました。
     何故なら、このような人が放置されるなら、その後は必ず子供や女性がそのターゲットにされるからです。何とか、実刑になって辛い刑事罰を受けてもらいたいです。
     その人の家族の為にもなると思います。

     このようなコメントは、ユーチューブのコメント欄でするのがいいのだと考えますが、諸事情によりユーチューブにログインすることを避けていますので、チャンネル登録の点でもお詫びいたします。

     休職中は余分の収入がなく、生活がきつくて大変でしたが、無事に今月から職に就いて、少しですが月末には初めての給料が貰えるので安心です。体調を整えながら頑張りたいと思います。

     小川さんは良い世の中にするべく奮闘し、弱い立場の人たちの味方になり、ものを言えない生き物の為にご尽力されていますので、きっと多くの人が応援していると思います。
     どうかお体に気を付けてお励みください。
     また、相談したいことができたら、コメントしたいと思います。ありがとうございました。
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ